Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C503] Re: 以前MS50クラウン42年式に乗っていました。

やすき様

 コメントありがとうございます。
こんなほったらかしのサイトにおいで頂き恐縮です。
このMS50型は歴代のクラウンで最も好きなモデルです。
ワタクシは未だ高校生でしたが、和の美しさを感じさせる秀逸なデザインだと思っておりました。

40代でクラウン乗りとは粋ですな。
旧車ファンに団塊ジュニアは結構多いようですが、圧倒的にスカイラインファンですからね。
60過ぎた叔父さんは目が大分弱ってきて、画面を見続けるのが辛くなってきました。
続きを書かなければと思いつつ・・・・(^_^;)

追々(老い々?)再開したいとは思って居りますがこの場を借りて読んで下さる皆様にお詫び申し上げます・・・m(_ _)m

  • 2016-05-16
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C502] 以前MS50クラウン42年式に乗っていました。

40歳オヤジやすきです。旧車マニアです。27~30歳まで3年間前期型クラウンMS50セダンデラックスS42年式に乗っていました。懐かしいです。ハイライフセダンのCMで 人気があったモデルですね。 今はMS80クラウン前期型のセダンに乗っていますがMS80はMS50クラウンの面影がありますね。42歳で再びMS50クラウンの前期型と後期型の純正オリジナルのセダン コラムMTでベンチシートの 当時物のバイアスタイヤに ホイールキャップ付きが条件 です。今度はS43~S45年式を捜しています。80クラウンと50クラウンガレージに 保存して酒でも飲みながら旧車を眺めるのもおつですよ。
  • 2016-05-16
  • 投稿者 : やすき40
  • URL
  • 編集

[C464] Re: 欲しいですね

 クラウン好きさん

 コメントありがとうございます。
このMS50型は私も好きです。
ブルーバード510のも通ずる直線と曲線の融合。
先の東京モーターショーで日産IDxが話題になりましたが、多くの日本人に好まれる基本デザインだと思っています。
 モーターショーではIDxが箱スカ、510の再来だと言われてましたが、個人的にはシルビア、フォーリアの新型だと思いました。

 話が逸れましたが、昔乗っていた車に又乗りたくなる気持ちはよく解ります。
そう思える車は多くはないですからね。
政府の税制は省エネだと言いながら古い車を廃棄して新車を売る姿勢ですが、ドイツの様に古い車を大事に乗る方が地球規模での省エネだと思います。

 良い個体が見つかりましたらお知らせ下さいね。

 
 
  • 2014-01-10
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C463] 欲しいですね

私がクラウンの歴史上一番好きなモデルが3代目MS50系です。セダンは今捜しています。前期と後期どちらもシャープなスタイルで年代のわりには古さを感じません。私もかつてMS50のセダンに乗っていました。懐かしいですね。 前期と後期の2台セダンが欲しい ベンチシートでコラムMT仕様 オリジナルのホイールキャップが付いている車を捜しています
  • 2014-01-09
  • 投稿者 : クラウン好き
  • URL
  • 編集

[C38] 白いクラウン

 トシさん

 好き嫌いは有るでしょうが、このクラウンは日本人の心を捕らえましたね。
セルシオやレクサスが出てもクラウンから乗り換えない人が結構多いようですからね。
  • 2009-07-16
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C36]

この車からクラウン一筋な人居ますね。
白いクラウンは、ハイオーナーの象徴でしたね。
コンパクト好きなので乗る機会が無いです。
買えないとも言いますが(^^;。
  • 2009-07-15
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

[C34] 白いクラウン

  日野さん

 本当にゴーカなクラウンでしたね。
山村聡も渋くて、こんなオジさんが自分のオヤジだったらなぁ・・・と思いました・・・(^^;)

 忘れてました!
コロナもクラウンも『トヨタ』じゃなくて『トヨペット』でしたね。まずは訂正してなくちゃ。

 サイズは今のプレミオと殆ど変り無いですが、あの頃は大きくて立派に見えました。
現在の車はT社先導のマーケティング最優先で、消費者、それも主婦(素人?)の意見ばかりを気にするからペットの様な車しか出てこないんでしょうね。
 そう言えばトヨペットってトヨタのペットという意味でしたよね? (^O^)
  • 2009-07-15
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C33] No title

懐かしいクラウン。
豪華なクラウン。
CMも山村聡でしたよね。

でも、あのクラウンの顔がこんなに平板だったとは驚きました。
時代を感じるというか、隔世の感がありますね。
当初のトヨペットをいま見るとその小ささに驚きますが、デザイン的にはしっかりしたものを感じるのは不思議です。
日野ルノーとかにも同じ感じをおぼえます。

それに比べ、その後のベストセラー車はその時々の先端を行くもの?なので、後から見るとどうしてこの車が?というものが多いような気がします。
特にトヨタは他社のヨイトコ取り(盗り)が得意のようですからそう思えるのかもしれませんね。

現在の車の中で何十年後にも存在感のあるものはどれでしょうね。





  • 2009-07-15
  • 投稿者 : 日野くるま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/16-a7478b93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨペット クラウン (TOYOPET CROWN) 【MS50 MS52】

表紙2-s

 3代目クラウンが登場したのは1967年9月。
それまでは小型車規格ギリギリの2000ccクラスはタクシーや法人需要ばかりで殆ど黒だったが、トヨタはこの車を積極的にハイクラスのオーナーカーとして売り出した。
『白いクラウン』のキャッチコピーは『いつかはクラウン』の序章でもあった。
 スタイルは丸みを持たせた直線的なもので、ブルーバード510のも通じる新しさと日本人の琴線に触れる美しさを感じさせるものでした。
 バリエーションも多彩で、豪華仕様のスーパーデラックス、ツインキャブでスポーツタイプのSからスタンダード仕様のクラウン、ステーションワゴンのカスタムまで7グレードも投入されました。

S DX フロント-s

S DX リア-s

クラウンS-s

オーナーDX リア-s

オーナーDX フロント-s

 このクラウンで力を入れたのが安全装備。
当時アメリカで施行された安全基準に合わせ、衝撃が加わると曲がるスイッチ類や真ん中をコーン型に凹ませたハンドルに左右、ハイ・ロー別系統のヘッドライトヒューズにシートベルトも全車種に標準装備していました。

装備8-s


 豪華さも売り物で、ファブリックのシートにパワーウインドウ。
ラジオはAM・FM自動選局機能付きでアナログ式の時計は日付、秒針付きの世界的にも珍しい音叉時計と、内装はまさに動く応接間でした。
イメージキャラクターも渋い二枚目の山村聡を起用して大人の車をアピールしていました。

室内-s

山村聡-s


 メカの面で特徴的なのは当時既に主流だったモノコックボディではなく、フレームを別に持っていた事。
重量やコストの点では不利でしたが、安全性と乗り心地を優先したトヨタの良心であり、こだわり、誇りだったと思います。

メカ-s

 
 ステーションワゴンのカスタムはボディ外観はバンと同じでしたが、3列目の折りたたみシートを装備していました。
普段はカーゴスペースの床に収納しているシートは横向きの二人用。
でもサイズが小さめなので緊急用といった処の様でした。

カスタム-s

サードシート-s

 MS50型クラウンは高度成長の波に乗り、センチュリーは格としてトヨタの最高級車の地位を確立し、日本中のお父さん憧れの車になりました。

図-s

8件のコメント

[C503] Re: 以前MS50クラウン42年式に乗っていました。

やすき様

 コメントありがとうございます。
こんなほったらかしのサイトにおいで頂き恐縮です。
このMS50型は歴代のクラウンで最も好きなモデルです。
ワタクシは未だ高校生でしたが、和の美しさを感じさせる秀逸なデザインだと思っておりました。

40代でクラウン乗りとは粋ですな。
旧車ファンに団塊ジュニアは結構多いようですが、圧倒的にスカイラインファンですからね。
60過ぎた叔父さんは目が大分弱ってきて、画面を見続けるのが辛くなってきました。
続きを書かなければと思いつつ・・・・(^_^;)

追々(老い々?)再開したいとは思って居りますがこの場を借りて読んで下さる皆様にお詫び申し上げます・・・m(_ _)m

  • 2016-05-16
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C502] 以前MS50クラウン42年式に乗っていました。

40歳オヤジやすきです。旧車マニアです。27~30歳まで3年間前期型クラウンMS50セダンデラックスS42年式に乗っていました。懐かしいです。ハイライフセダンのCMで 人気があったモデルですね。 今はMS80クラウン前期型のセダンに乗っていますがMS80はMS50クラウンの面影がありますね。42歳で再びMS50クラウンの前期型と後期型の純正オリジナルのセダン コラムMTでベンチシートの 当時物のバイアスタイヤに ホイールキャップ付きが条件 です。今度はS43~S45年式を捜しています。80クラウンと50クラウンガレージに 保存して酒でも飲みながら旧車を眺めるのもおつですよ。
  • 2016-05-16
  • 投稿者 : やすき40
  • URL
  • 編集

[C464] Re: 欲しいですね

 クラウン好きさん

 コメントありがとうございます。
このMS50型は私も好きです。
ブルーバード510のも通ずる直線と曲線の融合。
先の東京モーターショーで日産IDxが話題になりましたが、多くの日本人に好まれる基本デザインだと思っています。
 モーターショーではIDxが箱スカ、510の再来だと言われてましたが、個人的にはシルビア、フォーリアの新型だと思いました。

 話が逸れましたが、昔乗っていた車に又乗りたくなる気持ちはよく解ります。
そう思える車は多くはないですからね。
政府の税制は省エネだと言いながら古い車を廃棄して新車を売る姿勢ですが、ドイツの様に古い車を大事に乗る方が地球規模での省エネだと思います。

 良い個体が見つかりましたらお知らせ下さいね。

 
 
  • 2014-01-10
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C463] 欲しいですね

私がクラウンの歴史上一番好きなモデルが3代目MS50系です。セダンは今捜しています。前期と後期どちらもシャープなスタイルで年代のわりには古さを感じません。私もかつてMS50のセダンに乗っていました。懐かしいですね。 前期と後期の2台セダンが欲しい ベンチシートでコラムMT仕様 オリジナルのホイールキャップが付いている車を捜しています
  • 2014-01-09
  • 投稿者 : クラウン好き
  • URL
  • 編集

[C38] 白いクラウン

 トシさん

 好き嫌いは有るでしょうが、このクラウンは日本人の心を捕らえましたね。
セルシオやレクサスが出てもクラウンから乗り換えない人が結構多いようですからね。
  • 2009-07-16
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C36]

この車からクラウン一筋な人居ますね。
白いクラウンは、ハイオーナーの象徴でしたね。
コンパクト好きなので乗る機会が無いです。
買えないとも言いますが(^^;。
  • 2009-07-15
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

[C34] 白いクラウン

  日野さん

 本当にゴーカなクラウンでしたね。
山村聡も渋くて、こんなオジさんが自分のオヤジだったらなぁ・・・と思いました・・・(^^;)

 忘れてました!
コロナもクラウンも『トヨタ』じゃなくて『トヨペット』でしたね。まずは訂正してなくちゃ。

 サイズは今のプレミオと殆ど変り無いですが、あの頃は大きくて立派に見えました。
現在の車はT社先導のマーケティング最優先で、消費者、それも主婦(素人?)の意見ばかりを気にするからペットの様な車しか出てこないんでしょうね。
 そう言えばトヨペットってトヨタのペットという意味でしたよね? (^O^)
  • 2009-07-15
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C33] No title

懐かしいクラウン。
豪華なクラウン。
CMも山村聡でしたよね。

でも、あのクラウンの顔がこんなに平板だったとは驚きました。
時代を感じるというか、隔世の感がありますね。
当初のトヨペットをいま見るとその小ささに驚きますが、デザイン的にはしっかりしたものを感じるのは不思議です。
日野ルノーとかにも同じ感じをおぼえます。

それに比べ、その後のベストセラー車はその時々の先端を行くもの?なので、後から見るとどうしてこの車が?というものが多いような気がします。
特にトヨタは他社のヨイトコ取り(盗り)が得意のようですからそう思えるのかもしれませんね。

現在の車の中で何十年後にも存在感のあるものはどれでしょうね。





  • 2009-07-15
  • 投稿者 : 日野くるま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/16-a7478b93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。