Entries

スポンサーサイト

ダイハツ フェローMAX 4ドア (DAIHATHU FELLOW MAX 4Dr) 【L38】

 前年8月に発売されたハードトップに続き、‘72年10月16日、ダイハツはフェローMAXに4ドアを追加発売した。先行発売して好評を博したホンダ ライフの影響も有ったかも知れないが、この頃になると軽自動車のパワー競争も治まり、人々は実際には使えない最高速度よりも便利さ、快適さや豪華さを求める様になってきた。  全体のスタイルは2ドアよりも丸みを帯びていた。Cピラーは太くガーニッシュが追加されて豪華さが増し、トラン...

ダイハツ フェローSS (FELLOW SS) 

 ’60年代の終わり頃に勃発した軽自動車の馬力競争の火付け役がN360なら、油を注いだのはフェローであろう。それまでの軽自動車は20~25PSが当たり前だったが、ホンダはいきなり31PSで殴り込みをかけた。 ダイハツは負けじと‘67年の東京モーターショーでレーシングカーのP-5と共に32PSにパワーアップしたフェローSSを発表した。これが第一次軽自動車馬力競争の始まりだった。  【‘67年の東京モーターショー出品車】    【‘6...

ダイハツ フェローMAX (FELLOW MAX) 【L38】

『40馬力のド根性』で有名なフェローMAXは未だに根強い人気が有るようですが、そのカタログは残念ながら今は私の手元に有りません。何か無いかと探してみたら、カタログではありませんが発売時に配布された小冊子がありましたので、これを基にあれこれと・・・ フェローからフェローMAXへ。1970年4月、ダイハツはオーソドックスな箱形のフェローを若々しく先進的な車に大変身させた。それは質実剛健なダイハツの企業イメージを根...

ダイハツ コンソルテ ベルリーナ (DAIHATHU CONSORTE BERLINA)  【EP30】

コンソルテ ベルリーナの登場は私に取っては衝撃的な出来事でした。ダイハツがトヨタの傘下に入ったからにはカローラと競合し、しかも売れ行きの芳しくないコンパーノベルリーナがそのままモデルチェンジを続行出来るはずが無い事は解っていましたが、まさかダイハツが余所のメーカーの車を売る事になるとは・・・ 1969年4月にコンパーノ ベルリーナのモデルチェンジとして発表された新型車はその直前に発売されたパブリカと全...

ダイハツ コンパーノ ベルリーナ (DAIHATSU CONPAGNO BELRINA) 【F40】

車名の由来 コンパーノ イタリア語で『仲間』 ベルリーナ イタリア語で『セダン』を表すダイハツは1951年に“Bee“と言う名の三輪のセダンを発売しましたが、本格的に小型車に進出したのは1963年5月に発売した800ccのコンパーノバンからでした。翌6月には乗用タイプのワゴンを発売し、11月には2ドアベルリーナ(セダン)、’65年4月には1000cc、65PSにスケールアップしたエンジンを搭載した4人乗りのコンバーチブル、スパ...

ダイハツ フェロー アフリカ大陸縦断 (DAIHATSU FELOLOW in AFRICA) 

 NEWフェロー発売を前に、たった360ccでFRの軽自動車が特別装備も無く3人と500Kgもの荷物を積んでアフリカ大陸を縦断した事はご存じでしょうか?当時28歳の石河さんと奥さんのチエさんとそのお子さんの3人がエジプトからモンバサまで、気温50℃を超す砂漠から10℃以下まで下がるエチオピア高原を越え、サバンナを70日間、17,000Kmも走破した。 これはその時の記録をまとめた小冊子です。途中スペアタイヤがダメになる程のパンク...

ダイハツ  フェロー (DAIHATSU FELLOW) 【L37】

記念すべき第一号を何にすべきか? 色々考えましたが、最初のマイカーであるフェローMAXの先代、フェローにする事にしました。  この車の発売開始は1966年9月。  ダイハツは商用車ではそれなりのシェアを持っていましたが、乗用車は後発組でしたのでライバルをよく研究した車でした。   当時のライバル、スバル360やはRRで空冷2サイクル2気筒、20PS。 キャロルもRRだが水冷4サイクル4気筒20PS。R360クーペもRRだがこち...

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。