Entries

スポンサーサイト

ダットサン ブルーバード510 SSS (DATSUN510 Super Sports Sedan)  【510】

 1967年8月に登場したブルーバードの最高傑作510には発売当初からスポーティータイプのSSS(スーパー スポーツ セダン)がラインナップされていた。 基本的な構造、デザイン、サイズはデラックスやスタンダードと同じで、エンジンは先代の410型SSSではフェアレディの1600ccが搭載されていたが、510は1300ccと同型のL型をツインキャブでチューンナップした1600cc、100PSの専用のL16が搭載されていた。 ミッションも1300ccは3速...

マツダ ルーチェ (LUCE) 【SUA】

 マツダの最上級セダン、ルーチェの登場は1966年8月。その美しいデザインは当時ベルトーネに在籍していたジョルジェット・ジウジア-ロの作品で、1500ccクラスとしてはやや大柄の6人乗り。全長4,370mm全幅1,630mmでホイールベースは2,500mmです。 同じジウジアローがベルトーネからギアに移籍してから手がけたいすゞのフローリアンとは奇しくも同じようなコンセプトとスペックでしたが、デザインはそれぞれに個性があった。 ル...

トヨタ カローラ1200 (COROLLA1200)  【EK11】

 『プラス100ccの余裕』を謳い文句に登場した初代カロ-ラは、ライバルのサニーのモデルチェンジを前に1969年9月、全車種排気量を1100ccから1200ccアップした。新しいエンジンは3K型で、1100ccのK型のストロークを61mmから66mmに伸ばし、排気量を1077ccから1166ccにしたものである。これは同じ年の4月に発売された二代目パブリカKP30と差別化を図ると共に、翌年1月に登場する次期サニーが1200ccになることを見越しての事で、エン...

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。