Entries

スポンサーサイト

日産 ブルーバードU (DATSUN 610) 【610】

  1971年8月、ブルーバードは大胆な変身を遂げ、車名も『ブルーバードU』に変わった。B(ブルーバード)C(コロナ)戦争では圧勝したが’70年代に入ると日本人の生活も豊かになり、実用性よりもより贅沢さを求める傾向が顕著になってきた。大人気だった510の販売にも陰りが見えていた。 ライバルのトヨタはいち早く小型車のメインをコロナからコロナマークⅡに移していた。同じ日産陣営となったスカイラインも先代より大きくなった...

トヨタ カローラ クーペ (CPROLLA COUPE)【KE25・TE25/27】

 1970年5月に初めてのフルモデルチェンジをしたカローラは次々とバリエーションを追加していった。1200ccで始まった2ドア4ドアセダンとクーペそれぞれのボディにカリーナ用のT型1400ccエンジンを載せ、続いて2T型1600cc、そして1600ccをツインカム化した2T-G型までも搭載した。 しかも1200ccの3K型と1400ccのT型は2種類のチューンが施され、更にミッションもマニュアルが4速と5速、それに2速ATのトヨグライドが用意され...

初代 ホンダ ライフ (LIFE)【SA】

 N360で本格的に四輪市場に殴り込みをかけたホンダは、軽自動車のベストセラーの座まで登り詰めたがユーザーユニオン事件を切掛けに急速に販売台数を落とした。事件の判決が下りたのは'87年1月の事で、殺人罪で訴えられた本田宗一郎氏が不起訴になり、逆に恐喝の疑いでユーザーユニオン側に逮捕者が出た。 判決が出るまで、大衆のホンダに対する不信感は拭い去られず、N360を大幅にマイナーチェンジして名称をNⅢに改称しても販...

プリンス・スカイライン2000GT (PRINCE・SKYLINE 2000GT) 【S54】

 ‘63年3月、鈴鹿サーキットで開催された第1回日本グランプリで、プリンス自動車はその出場要項を厳格に守り市販車同然のグロリアとスカイライン、スカイラインスポーツで出場したが結果は予想外の大敗だった。 車の性能向上にメーカーは手出しをしないという工業界の申し合わせが有ったが、他社はメーカーであるトヨタ自動車工業に代わって工業界に加盟していないトヨタ自販がチューンをし、日産は輸出用だと称してフェアレディ...

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。