Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C340] Re: 久しぶり

トシさん

 コメントありがとうございました
なんと最後に更新したのは'12年の7月でしたね。
再開しなくちゃと思いつつ、カタログや資料をひっくり返すとあれもこれもで非力なワタクシのCPUは次第に何を書いてるのか判らなくなってしまいました。
 そこで開き直り気楽に、テキトーに書く事にしました。
内容はまるで有りませんが、当時こんな車があったなぁ・・・と、それに纏わる色々な事を思い出して頂ければ幸いです・・・<(_ _)>
  • 2013-06-07
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C339] 久しぶり

 しばらく見なかったら更新してましたね。
試乗で乗ったロータリーが割と最近の愛車に繋がりました。
今考えたら軽自動車に近いボディですから走るはずです。
見覚えが多いはずで長く造っていたんですね。
  • 2013-06-07
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/103-197679f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

マツダ ファミリア・プレスト(MAZDA FAMILIA・PRESTO) 【FA3】

FA3 広告



 東洋工業(マツダ)を業界3位にまで押し上げた白いファミリアは‘70年3月に1200シリーズのエンジンをハイカムシャフトOHVから新しい1300cc のOHCに換装し、名称をファミリア・プレスト1300シリーズとした。
 翌4月には1000シリーズも同様に新型OHCエンジンを搭載し、同時にマイナーチェンジを実施したロータリーシリーズ共々全車種がファミリア・プレストに変更された。

 ‘71年9月にたグランドファミリアが登場し、これでファミリアシリーズは自然消滅するものと思われたが’73年9月に車幅を60mm拡幅大する大規模なマイナーチェンジを実施した。
 ‘67年11月の発売から既に6年が経過し、更にグランドファミリアが存在しているにも拘わらず2・4ドアセダンとクーペそれぞれに1000と1300がラインナップされていた。
ただしロータリーシリーズは‘71年9月に登場したサバンナにその座を譲った。

 エンジンとボディ幅の拡大に併せ、フロントグリルはセンター部分が尖ったデザインに変わり、前輪オーバーハングの延長により全長も長くなった。
外のメカニズムは殆ど変更が無く、大衆車のボトムラインにも拘わらず安全合わせガラスも継承された。
大手メーカーならラインナップの下位に下がると目立たない部分でコストダウンを図るものだが、安全は削らないマツダのポリシーは大いに評価されるべきであろう。

 プレストになってからもラインナップ中には発売当初に有った『オリジナル』と同様のグレード『標準車』がリストアップされていた。
これは単なるスタンダードモデルではなく、豊富なオプションを選び自分好みに仕立て上げるというモデルだった。



 この3代目ファミリアは息の長いモデルで、後を継ぐべきはずのグランドファミリアが生産中止になりファミリア・プレストが再びファミリアの名でフルモデルチェンジされるまでの10年もの間販売された。

FA3 s1300GL

FA3 s1300GLフロント
セダン 1300GL

FA3 s1300GLリア
 セダン 1300GL

FA3 s1300LX
セダン 1300LX
FA3 c1000Dx
 セダン 1000Dlx

FA3 s安全装置

Fa3 s装備

FA3 エンジン

FA3 s透視図

FA3 sラインナップ


FA3 c1300GF 2
 クーペ 1300GF

FA3 c1300FX
クーペ 1300Fx

FA3 c1000Dx
 クーペ 1000Dlx

FA3 cインパネ
 クーペ 1300GF

FA3 c1300GF 室内
 クーペ 1300GF

FA3 cラインナップ

FA3 c標準車

FA3 s諸元

FA3 s4面図

2件のコメント

[C340] Re: 久しぶり

トシさん

 コメントありがとうございました
なんと最後に更新したのは'12年の7月でしたね。
再開しなくちゃと思いつつ、カタログや資料をひっくり返すとあれもこれもで非力なワタクシのCPUは次第に何を書いてるのか判らなくなってしまいました。
 そこで開き直り気楽に、テキトーに書く事にしました。
内容はまるで有りませんが、当時こんな車があったなぁ・・・と、それに纏わる色々な事を思い出して頂ければ幸いです・・・<(_ _)>
  • 2013-06-07
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C339] 久しぶり

 しばらく見なかったら更新してましたね。
試乗で乗ったロータリーが割と最近の愛車に繋がりました。
今考えたら軽自動車に近いボディですから走るはずです。
見覚えが多いはずで長く造っていたんですね。
  • 2013-06-07
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/103-197679f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。