Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C470] Re: これは欲しい

 旧車マニア さん

 C130ローレルはケンメリの兄弟車で、あの櫻井眞一郎さんが開発した車ですね。
現役当時はスカイラインよりも大人の車として人気があり、大事に乗っていた方が多かったのですが、後年何故か族車になってしまいましたねぇ・・・

 櫻井さんは決して人々に不快感を与えたり危害を加える様な車を造ろうとした訳では有りません。
すかGの根本理念は普段は快適に家族を乗せ、イザという時には十分な動力性と運動性を備えた秘めた実用車です。
“羊の皮を被った狼”
それが日本人の本来持っている美意識だったと思うのですが、何時の間にやら野良犬が狼の真似をする様になりましたね。

 旧車マニアさんがこのサイトを訪れた頂いたのは、その美意識に共感しての事と思います。
セダンは車の基本。車はセダンに始まってセダンに終わると言う評論家の方々もいらっしゃいますし、私もそう思います。
良い個体が見つかり、手間暇と愛情を惜しみなく注ぎ込み、'70年代の輝きを実感される日が一日も早く来ると良いですね。



  • 2014-01-15
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C468] これは欲しい

ケンメリスカイラインと同じ72年にフルモデルチェンジされた ローレルは昔暴走族に人気があったと聞きました。 私自身フルオリジナルのセダンが好きで捜しています。RX20コロナマークⅡもそうですがセダンが好きです。程度一切問わずボロ不動車でも欲しい
  • 2014-01-15
  • 投稿者 : 旧車マニア
  • URL
  • 編集

[C437] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013-12-07
  • 投稿者 :
  • 編集

[C434] Re: S20型ツインキャブとハイオク、レギュラー

シノビーさん

 セダンとハードトップに搭載されていたエンジンが同じか?
と言うご質問ですが、基本的には同じだと思います。
ただS10型エンジンにレギュラー仕様が搭載されてのはGT-RがHに切り替わった時点からだったと記憶しております。
 他のエンジンでハイオク仕様とレギュラー仕様が同じかと問われれば、同じだとは言えませんが、細かい仕様の違いでエンジン本体は同じだと言えると思います。

 C130型ローレルとC110がたスカイラインは文中に書きました様に、旧プリンス自動車のスタッフが開発していましたので似たようなデザインになったと思います。
  • 2013-12-07
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C431] S20型ツインキャブとハイオク、レギュラー

S20型ツインキャブエンジンはハイオク、レギュラーの2種類の燃料方式が存在されていますが、いずれとも、セダンとハードトップに共通ですか?また、例してトヨタでもセリカ、カリーナ、コロナといった車種でも、Bと表すエンジン型式が存在していたそうですが、これもいずれのボディタイプ「商用系を除いて」同じなのでしょうか?

この型のセダン、4代目スカイラインC110系に似てません?よく見れば、フロントビュー、かなりよく似ています。

[C360] L20

 猫二匹さん

そうですね。
L型RB型はまだまだ現役でしょうが、G20はかなりマニアックですからね。
G18なら多少生き残ってるのかも知れませんがもう絶滅危惧種ですね。
  • 2013-06-13
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C359] 藤さんのブログを

読むとやっぱり車って楽しいって事を、思い出さしてくださいます。そして、昔の車が欲しくなるのです。(笑)このローレルからスカイラインをまた思い出して中古車サイトを、眺めてました。箱スカは、わりと残ってます。しかし、例によって自称“車に詳しい走り屋のお兄さん”達によってL28やRB25に換えられた個体が多数存在します。(泣)しかし、探し方が悪いのか或いは存在しないのかG20に載せ換えは見つけられない。本来の形に戻そうと思う走り屋のお兄さんは居ないのですね。(泣)
  • 2013-06-13
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

[C358] Re: L20

猫二匹さん

 そうですね。なにせL型は4気筒も含めて世界で一番量産されたエンジンと云われてますからね。
ここは私の感情の赴くまま好き勝手に書く所ですから・・・・!(^^)!
A型はT社のK型より性能が良かったと想います。
 ま、結局は好き嫌いですからね。
 
  • 2013-06-12
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C356] L20

好きな人は、物凄く好きですね!このエンジン。
私は、A12の方が好きですが。(笑)
  • 2013-06-12
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/104-0f1e963c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゆっくり走ろう 日産ローレル(DATSUN LAUREL)【C130】


10 C130 表紙


初代ローレルは日産が開発し途中から旧プリンスが引き継ぎ村山工場で生産されたが,'72年4月に発売された2代目C130型は最初から旧プリンスで開発し生産された。
スタッフの多くは3代目ケンとメリーのスカイラインと兼務で、あの櫻井真一郎氏が陣頭指揮を執っていた。
 初代ローレルの項でも書いたが、この時代、日産の車輌型式は10番台が小型乗用車。
20番台が小型商用車で30番台が中型乗用車(5ナンバーの最も大きいサイズ)だった。
ローレルはセドリックと同じ30番台に属し、初代はC30で2代目はC130型。
同じ村山工場で製造されたスカイラインは3代目の箱スカがC10型。
これは3代目の発売が日産に吸収された後で、日産車としては初代になるためだ。
ローレルと同時進行したケンとメリーの型式はC110型。
ここからもローレルとスカイラインの関係が読みとれる。

11 c130 2000SGL

11 C130 2000SGL 室内

12 C130 2000SGL 2

13 C130 2000GL

14 C130 1800Dlx


 初代はバリエーションも少なくパッとしなかったが、2代目は文字通り大きく変わった。
ボディサイズは当時の小型車規格の限界に近くなり、ホイールベースに至ってはセドリックとの差は僅か20mm短いだけだった。
 デザインも大きく変わり、初代のブルーバード510を大きくした様なスタイルから、セダンはケンメリと似た印象のものになった。
ハードトップは全く別のデザインだが、共にCピラーが太くその存在感を主張していた。
ボディサイズが大きくなったのに伴いセダンの1800デラックスにはフロントをベンチシートにした6人乗り仕様も設定された。

 
エンジンはそれまでのプリンス製4気筒のG18型1815ccとG20型1990ccに加え、日産製の6気筒L20型1988ccが加わった。
これはスカイラインの2000GTシリーズやセドリック、グロリアと同じ物だった。
 エンジン出力はグレード毎に細かく設定され、G18はスカイラインと同じ105ps/5600rpm・45.3Kgm/3600rpmのみだが、G20型は110ps/5600rpm・16.5Kgm/22000rpmとツインキャブ仕様で120ps/5800rpm・17.0Kgm/3600rpmが有りこのエンジンはハードトップ2000GX専用となっていた。
 L20型も2機種で、115ps/5600rpm・16.5Kgm/3600rpmとSGX専用の125ps/6000rpm・71.0Kgm/4400rpmの計5機種全てレギュラーガソリン仕様だった。

同じ2000ccで4気筒と6気筒が存在したが、日産は6気筒を単にラグジュアリーなだけではなく出力の点でも優位に置こうとした痕が見える。
G20の出力は110PpsでL20型は115psで共に回転数は5600rpmで5ps高いが、トルクを見ると同じ値の16.5Kgm。その回転数はG18が22000rpmでL20が3600rpm。
 ツインキャブ仕様同士だとG20が120ps/5800rpm・17.0Kgm/3600rpmでL20が125ps/6000rpm・71.0Kgm/4400rpm。
同じく5ps高いがトルクは同じでしかもG型の方が発生回転数は低い。
これを読み解けばG型の基本的なポテンシャルの高さが見えてくる。


 足回りも変わった。
前輪はマクファーソン・ストラットで変わりはないが、後輪はハードトップが先代と同じセミトレーリングアーム/コイルスプリングの四輪独立縣架だが、セダンはリ-フスプリングに依る一体縣に変わった。
ステアリングもスポーティーなピニオン・ラックから操舵力が軽く振動の伝わりにくいボール・ナット式に変更された。
 これはより高級志向を目指すと共にスカイラインとの共通化を図ったものだと思われる。

15 C130 透視図

18 C130 リアサスL

18 KPC130 リアサス

19 C130 バリエーション3

19 C130 仕様



 他に目新しいものとしては国産初のセミコーンシールドワイパーがある。
これはワイパーが停止時にはボンネットに半分隠れるもので、高級感の演出に役立った様だ。
 他にはSGLにはパワーウインドウが標準装備になり、10月には6気筒モデルにオプションとしてパワーステアリングが用意さる等、全体的に豪華さを強調していた。
これだけ立派になるとセドリックが喰われてしまうのではないかと懸念したが、それは要らぬ心配だった。
ユーザーはそのキャラクターの違いを明確に認識し、セドリックは法人需要がメインでローレルはハイオーナーカーとしての地位を確立した。




翌‘73年10月にはマイナーチェンジが行われた。セダンのフロントグリルが縦縞模様に変わり前輪ディスクブレーキが全車に採用されて、最高級グレードとして3ナンバー、2600ccのSGLが加わった。
安全装置としてSGXとSGLのAT仕様に後輪ロック防止装置E.A.Lがオプション設定された。


20 C130

21 C130 2600SGL

22 C130 2000SGL

23 C130 1800GL

24 C130 2000SGX-1

26 C130 CutL

27 C130 1800Dx

30kC130 2600 SGL

31 kC130 2000SGX

32kC130 2000GX

33 KC130 2600SGL 装備

33 KC130 GX

36 kC130 Cut

38 kC130 1800Dlx

39 C130 仕様

39 KPC130 2面図

9件のコメント

[C470] Re: これは欲しい

 旧車マニア さん

 C130ローレルはケンメリの兄弟車で、あの櫻井眞一郎さんが開発した車ですね。
現役当時はスカイラインよりも大人の車として人気があり、大事に乗っていた方が多かったのですが、後年何故か族車になってしまいましたねぇ・・・

 櫻井さんは決して人々に不快感を与えたり危害を加える様な車を造ろうとした訳では有りません。
すかGの根本理念は普段は快適に家族を乗せ、イザという時には十分な動力性と運動性を備えた秘めた実用車です。
“羊の皮を被った狼”
それが日本人の本来持っている美意識だったと思うのですが、何時の間にやら野良犬が狼の真似をする様になりましたね。

 旧車マニアさんがこのサイトを訪れた頂いたのは、その美意識に共感しての事と思います。
セダンは車の基本。車はセダンに始まってセダンに終わると言う評論家の方々もいらっしゃいますし、私もそう思います。
良い個体が見つかり、手間暇と愛情を惜しみなく注ぎ込み、'70年代の輝きを実感される日が一日も早く来ると良いですね。



  • 2014-01-15
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C468] これは欲しい

ケンメリスカイラインと同じ72年にフルモデルチェンジされた ローレルは昔暴走族に人気があったと聞きました。 私自身フルオリジナルのセダンが好きで捜しています。RX20コロナマークⅡもそうですがセダンが好きです。程度一切問わずボロ不動車でも欲しい
  • 2014-01-15
  • 投稿者 : 旧車マニア
  • URL
  • 編集

[C437] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013-12-07
  • 投稿者 :
  • 編集

[C434] Re: S20型ツインキャブとハイオク、レギュラー

シノビーさん

 セダンとハードトップに搭載されていたエンジンが同じか?
と言うご質問ですが、基本的には同じだと思います。
ただS10型エンジンにレギュラー仕様が搭載されてのはGT-RがHに切り替わった時点からだったと記憶しております。
 他のエンジンでハイオク仕様とレギュラー仕様が同じかと問われれば、同じだとは言えませんが、細かい仕様の違いでエンジン本体は同じだと言えると思います。

 C130型ローレルとC110がたスカイラインは文中に書きました様に、旧プリンス自動車のスタッフが開発していましたので似たようなデザインになったと思います。
  • 2013-12-07
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C431] S20型ツインキャブとハイオク、レギュラー

S20型ツインキャブエンジンはハイオク、レギュラーの2種類の燃料方式が存在されていますが、いずれとも、セダンとハードトップに共通ですか?また、例してトヨタでもセリカ、カリーナ、コロナといった車種でも、Bと表すエンジン型式が存在していたそうですが、これもいずれのボディタイプ「商用系を除いて」同じなのでしょうか?

この型のセダン、4代目スカイラインC110系に似てません?よく見れば、フロントビュー、かなりよく似ています。

[C360] L20

 猫二匹さん

そうですね。
L型RB型はまだまだ現役でしょうが、G20はかなりマニアックですからね。
G18なら多少生き残ってるのかも知れませんがもう絶滅危惧種ですね。
  • 2013-06-13
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C359] 藤さんのブログを

読むとやっぱり車って楽しいって事を、思い出さしてくださいます。そして、昔の車が欲しくなるのです。(笑)このローレルからスカイラインをまた思い出して中古車サイトを、眺めてました。箱スカは、わりと残ってます。しかし、例によって自称“車に詳しい走り屋のお兄さん”達によってL28やRB25に換えられた個体が多数存在します。(泣)しかし、探し方が悪いのか或いは存在しないのかG20に載せ換えは見つけられない。本来の形に戻そうと思う走り屋のお兄さんは居ないのですね。(泣)
  • 2013-06-13
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

[C358] Re: L20

猫二匹さん

 そうですね。なにせL型は4気筒も含めて世界で一番量産されたエンジンと云われてますからね。
ここは私の感情の赴くまま好き勝手に書く所ですから・・・・!(^^)!
A型はT社のK型より性能が良かったと想います。
 ま、結局は好き嫌いですからね。
 
  • 2013-06-12
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C356] L20

好きな人は、物凄く好きですね!このエンジン。
私は、A12の方が好きですが。(笑)
  • 2013-06-12
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/104-0f1e963c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。