Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C374] Re: 探しちゃいました

くらさん

 お待ち申して居りました・・・<(_ _)>
1年もほったらかしでしたからね・・・(^^;)
好きな事を出来る時間も限りがあると思いやっと再開しました。

 で、良くまあ見つけましたね。
“61馬力”のド根性で乱造乱発致しますので、時々茶々入れて下さい・・・(^O^)

  • 2013-07-02
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C373] 探しちゃいました

お久しぶりです
フェローマックス 懐かしいですね
何十年ぶりに雄姿を拝見!
マックスは なんてったって 劇画調の〝MAXーーN” ですよね
ってことで探しちゃいました
https://www.youtube.com/watch?v=8nK9K8wfOaA
.
  • 2013-07-02
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

[C372] Re: 後期型の2000GTのセダン

それは思い入れも有ったでしょうね。
若者はハードトップやクーペをほしがりましたが、櫻井さんが目指したのはフツーに使えてイザと云う時にはスポーツカー並の性能を備えた車。
独断ですが、スカイラインは4ドアセダンに限ると思ってます!
  • 2013-07-01
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C371] 後期型の2000GTのセダン

でした。よって、シングルキャブ4段MT有鉛ハイオクの車でした。12年落ちの毎年車検の車でしたが、当時の私(昭和57)には素晴らしい車に思えました。毎年車検に燃料補給と大変でしたが、良い思い出です。
  • 2013-07-01
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

[C369] Re: 懐かしい!

猫二匹さん

 コメントありがとうございます。
この後軽自動車の規格が立て続けに変更され各社ともなかなか追いつけない状態が続きましたからね。
全幅が1480mmの現在でも決して余裕は有りませんが、1300mmの時代では長さ制限も3000mmm
しかありませんでしたから仕方の無い事でしたが。

 マイカーがGC10と言う事は箱スカGTですか?
女の子にモテたんでしょうねぇ・・・・(^_-)
  • 2013-07-01
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C367] 懐かしい!

この車は、就職した時会社にあった営業車でした。ちょっとだけデザインが違うので正確には、この後の車だったのでしょうね2ドアでしたが、このカタログの4ドアと同じデザインで550ccだった様に記憶してます。既に相当ポンコツでしたが、今までのこちらに紹介された車が雑誌や道を走ってるのを観察してたのと違って自分で本当に運転した車です。ペダルが左に思い切りオフセットしてたですね!(笑)でもそんなタイヤレンチを使って調整出来たとは全然知りませんでした。取説は、読まなあきませんな(笑)嗚呼すみません。GC10もマイカーで乗ってました。これも12年落ちのポンコツでした。(爆)
  • 2013-06-30
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/106-0431fc12
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ダイハツ フェローMAX 4ドア (DAIHATHU FELLOW MAX 4Dr) 【L38】

1 L38 4 表紙

 前年8月に発売されたハードトップに続き、‘72年10月16日、ダイハツはフェローMAXに4ドアを追加発売した。
先行発売して好評を博したホンダ ライフの影響も有ったかも知れないが、この頃になると軽自動車のパワー競争も治まり、人々は実際には使えない最高速度よりも便利さ、快適さや豪華さを求める様になってきた。
 全体のスタイルは2ドアよりも丸みを帯びていた。Cピラーは太くガーニッシュが追加されて豪華さが増し、トランクリッドも2ドアの逆反りから膨らみのあるデザインに変わり、リアコンビネーションランプは一体型にしてバックランプをバンパーに組み込んでいた。
 内装は見た目に変化はないが遮音材の追加や改良をして、エンジンマウントをそれまでの3点から4点式に変更して静粛性を高めていた。
 グレード展開もハイカスタム、カスタム、デラックスの上級3ドアタイプだけでスタンダードやスポーツタイプの設定はなく、2ドアよりファミリー志向が強く豪華さを感じさせるものだった。

2 L38 4 ドア

3 L38 4 Hiカスタム

4 L38 4 カスタム

5 L38 4 デラックス

6 L38 4 インパネ

6 L38 4 室内


 エンジンは排気ガス規制に適合させるための改良を受け、ZM8を改良したZM12になった。
圧縮比を10.0から9.0に下げ出力は3ps下げられて31ps/6000rpm、最大トルクは3.7Kgmで変わりはないが回転数が500dpm低い5000rpmになり、パワーよりも使いやすさに振られ、ラジエーターにはリザーブタンクが追加されて日常的な点検の煩わしさが必要なくなった。

7 L38 4 エンジン

7 L38 4 エンジン性能曲線

 他のメカは前輪マクファーソン・ストラットにコイルスプリング、後輪セミトレーリングアームにコイルスプリングの四輪独立縣架やピニオンラックのステアリング等基本構造に違いはなかった。
ドア以外の寸法はホイールベースを含めて2ドアと同じだったので、運転席に座り右足を伸ばせば前輪のタイヤハウスに当たり、ペダル類は左にオフセットされたままだった。
これを多少なりとも緩和しようという訳か、ステアリングポストにはチルト機構が有ったが、その調整はホイールレンチを使わなければ出来ないのが残念だった。

8 L38 4 透視図


8 L38 4 フロントメンバー 説明
左右のドライブシャフトの長さにかなり差がありトルクステアが発生し易かった。


また安全対策にも力を入れ4ドア化に伴いリアドアにチャイルドセフティロックを追加し、ウインドウオッシャー、パッシングライト、速度警報装置は標準装備。オプションではあるが衝撃吸収ステアリングを用意していた。
アメリカで強化された安全基準が影響が日本国内にも影響を与え、輸出を前提としない大衆車や軽自動車でも全対策を無視できない時代に入ったと言えるかも知れない。

9 L38 4 安全

9 L38 4 仕様

 
 同時期に販売されていた2ドアモデル


L38 2Dr Hiカスタム
  2ドア ハイカスタム

L38 2Dr SS
  2ドア SS

6件のコメント

[C374] Re: 探しちゃいました

くらさん

 お待ち申して居りました・・・<(_ _)>
1年もほったらかしでしたからね・・・(^^;)
好きな事を出来る時間も限りがあると思いやっと再開しました。

 で、良くまあ見つけましたね。
“61馬力”のド根性で乱造乱発致しますので、時々茶々入れて下さい・・・(^O^)

  • 2013-07-02
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C373] 探しちゃいました

お久しぶりです
フェローマックス 懐かしいですね
何十年ぶりに雄姿を拝見!
マックスは なんてったって 劇画調の〝MAXーーN” ですよね
ってことで探しちゃいました
https://www.youtube.com/watch?v=8nK9K8wfOaA
.
  • 2013-07-02
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

[C372] Re: 後期型の2000GTのセダン

それは思い入れも有ったでしょうね。
若者はハードトップやクーペをほしがりましたが、櫻井さんが目指したのはフツーに使えてイザと云う時にはスポーツカー並の性能を備えた車。
独断ですが、スカイラインは4ドアセダンに限ると思ってます!
  • 2013-07-01
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C371] 後期型の2000GTのセダン

でした。よって、シングルキャブ4段MT有鉛ハイオクの車でした。12年落ちの毎年車検の車でしたが、当時の私(昭和57)には素晴らしい車に思えました。毎年車検に燃料補給と大変でしたが、良い思い出です。
  • 2013-07-01
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

[C369] Re: 懐かしい!

猫二匹さん

 コメントありがとうございます。
この後軽自動車の規格が立て続けに変更され各社ともなかなか追いつけない状態が続きましたからね。
全幅が1480mmの現在でも決して余裕は有りませんが、1300mmの時代では長さ制限も3000mmm
しかありませんでしたから仕方の無い事でしたが。

 マイカーがGC10と言う事は箱スカGTですか?
女の子にモテたんでしょうねぇ・・・・(^_-)
  • 2013-07-01
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C367] 懐かしい!

この車は、就職した時会社にあった営業車でした。ちょっとだけデザインが違うので正確には、この後の車だったのでしょうね2ドアでしたが、このカタログの4ドアと同じデザインで550ccだった様に記憶してます。既に相当ポンコツでしたが、今までのこちらに紹介された車が雑誌や道を走ってるのを観察してたのと違って自分で本当に運転した車です。ペダルが左に思い切りオフセットしてたですね!(笑)でもそんなタイヤレンチを使って調整出来たとは全然知りませんでした。取説は、読まなあきませんな(笑)嗚呼すみません。GC10もマイカーで乗ってました。これも12年落ちのポンコツでした。(爆)
  • 2013-06-30
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/106-0431fc12
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。