Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C4] No title

くらさん、コメントありがとうございます。

 フェローなら矢張りMAXですか。
「40馬力のど根性!」は強烈でしたからね。
いずれMAXに行きたいのですが、ナント有るつもりのカタログがたった1枚しかない!!!
しかもマイナーチェンジ後の4ドアだけ・・・(;_;)
チョット体制を整えてからUP致します。
  • 2009-06-25
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C3] No title

残念ながらフェローの記憶は薄いのです。
これはやはりテレビから飛び出しそうなCMだった “マックスーン!!” のインパクトが強いからでしょうか。
色はオリーブグリーンだったかな?

よ~く考えるといろんなことを思い出してきますね。
私もあんなことやこんなことも知らないヨイコだった時代ですね。
  • 2009-06-25
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/2-df89c5df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ダイハツ  フェロー (DAIHATSU FELLOW) 【L37】

記念すべき第一号を何にすべきか?
色々考えましたが、最初のマイカーであるフェローMAXの先代、フェローにする事にしました。

 この車の発売開始は1966年9月。
 ダイハツは商用車ではそれなりのシェアを持っていましたが、乗用車は後発組でしたのでライバルをよく研究した車でした。
  当時のライバル、スバル360やはRRで空冷2サイクル2気筒、20PS。
キャロルもRRだが水冷4サイクル4気筒20PS。R360クーペもRRだがこちらは空冷の2気筒16PS。
ライバルと言うにはちょっと弱いスズライトフロンテは当時では未だ少数派のFFで空冷2気筒20PS。
 対するフェローはFRで水冷2サイクル2気筒、23PS。
これは2サイクル2気筒でパワーを得て振動を押さえ、水冷で静かさとヒーターの効きの良さを、FRでバランスの良さを、そして当時は珍しいFRで四輪独立!
 デザインも『プリズムカット』と名付けられた日本人にはわかりやすいの直線的なもので、ナマイキにもFRで独立したトランクを持ったセダンでした。

 車に興味を持ち始めた高校生の頃、これは何て良くできた車だと思いました。
勿論買える訳も有りませんでしたが、早く大人になって中古なら買えるかも知れない・・・と初めてマイカーを意識した車でした。

販売開始

 76年3月、ホンダがN360を投入して本格的に自動車市場に参入。
この車のパワーは何と常識破りの31PS!
ここから第一次軽自動車パワー競争が勃発。
迎え撃つダイハツはフェローをパワーアップしN360を1馬力上回る32PSのフェローSSを投入した。

フェローSS を追加

 続いて翌68年一部改良し最上級グレードのスーパーデラックスを追加しNEWフェローを発売。

最初のモデル

 更に翌69年、マイナーチェンジをしてスーパーデラックスとデラックスの間にカスタムを追加し、これがフェローとしての最後のモデルになった。

最終型のフェローSS

2件のコメント

[C4] No title

くらさん、コメントありがとうございます。

 フェローなら矢張りMAXですか。
「40馬力のど根性!」は強烈でしたからね。
いずれMAXに行きたいのですが、ナント有るつもりのカタログがたった1枚しかない!!!
しかもマイナーチェンジ後の4ドアだけ・・・(;_;)
チョット体制を整えてからUP致します。
  • 2009-06-25
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C3] No title

残念ながらフェローの記憶は薄いのです。
これはやはりテレビから飛び出しそうなCMだった “マックスーン!!” のインパクトが強いからでしょうか。
色はオリーブグリーンだったかな?

よ~く考えるといろんなことを思い出してきますね。
私もあんなことやこんなことも知らないヨイコだった時代ですね。
  • 2009-06-25
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/2-df89c5df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。