Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C140] パブリカと一緒の風景

 未来を想う車好きさん

 何気なく撮った写真に残る昭和の車・・・
車が今の様に道具ではなく、その人の人柄さえも表す様に思えます。
パブリカを運転するお祖父さんはお祖母さんを乗せて颯爽とドライブしていたのでしょうね。
  • 2009-08-28
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C138]

祖母の家に、車と一緒に撮られた写真があり、調べてみると、このパブリカ800 UP20らしきことが分かりました。恐らく祖父が乗っていたと思われますが、すでに他界しており、祖母も病気をしており聞くことが出来ませんが、たぶんそうです。昔の車の生き生きとした生の写真が見れたので少し興奮しています。
  • 2009-08-28
  • 投稿者 : 未来を想う車好き
  • URL
  • 編集

[C58] 1stCar

 トシさん

 以前最初の車がパブリカ1000だと伺いましたので早く行きたいのですが、それを書けば当然コンソルテ・ベルリーナも書きたいし・・・(^^;)
1000を書くにはまず800を紹介しなければ・・・と思い悩んで居りました。
 も少しご猶予を・・・<(_ _)>
  • 2009-07-23
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C52] 1stCar

 この後に出たパブリカ1000が最初に走らせた車でした。
詳しくは、お任せしますが高速時代に対応した車、って事でした。
でも今や軽のほうが大きいのかも。
このパブリカも良く出来た車でカローラ・サニーが台頭するまで身近な車でしたね。
  • 2009-07-22
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/22-b4f14823
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨタ パブリカ800 (TOYOTA PUBLIVA) 【UP20】

表紙-s

 パブリカは国民車構想を基に開発され、1961年6月に4人乗り、2ドア、空冷、水平対向2気筒の700ccエンジンのUP10として発売されました。
当初はFFで開発されましたが、当時国内では性能面で満足出来る等速ジョイントが手に入らず、やむなくFRに変更されたそうです。
 その後1966年にエンジンを800ccに拡大し、型式もUP20型になりました。
これは1968年の最終モデルです。

Dx フロント 7-s

リア-s

 スタイルは今見ても可愛らしいもので、シンプルな構造の軽量ボディーで室内やトランクの広さは軽自動車では得られないものでした。
燃費もかなり良かったようです。
燃料タンクの容量はたった31リットルしか有りませんでしたが、当時乗っていた知人が
『東京から秋田に向かう途中、あまりに燃料計が下がらないのでメーターが壊れているのではないかと心配になり、途中仙台でガソリンを入れたら半分しか入らなかった』
と話してくれた事があります。

トランクルーム-s

メカ-s

 1966年にカローラが発売になり、高度成長の波に乗り世の中はより贅沢を求める様になってパブリカは次第にパブリックカーとしての存在感が薄くなっていきましたが、スタンダードにホワイトリボンタイヤ、ラジオ、排気熱を利用したデミコン式ヒーター、ウインドウウオッシャーなどを装備したスペシャルや更に後席背もたれまで一体になるフルリクライニングシートを豪華仕様のスーパーデラックス。
トヨタスポーツ800のツインキャブ45PSエンジンを搭載したスーパー、同じエンジンでオープンカーのコンバーチブルとディタッチャブルトップと若さを強調した多彩なバリエーションが有りました。

エンジン 45PS-s

スーパー-s

コンバーティブル-s
 
ディタチャブル -s

 因みにこのスポーティータイプとノーマルタイプではインパネの造りも違っていました。

インパネ ノーマル-s

インパネ Sタイプ-s

 永くトヨタフルラインのエントリークラスを担っていたパブリカ。
エコが叫ばれる現代にこのコンセプトとデザインは見直す価値が有ると思いませんか?

スペック -s


国民車構想

1955年に通産省が自動車産業の育成を目的に提示した物で、その要旨は
• 安価であること
• 一定以上の走破能力があること
• 軽量で燃費がよいこと
• 故障が少なく維持費が掛からないこと
• 家族(夫婦と子供といった最低でも3名以上)で乗れること
でした。

4件のコメント

[C140] パブリカと一緒の風景

 未来を想う車好きさん

 何気なく撮った写真に残る昭和の車・・・
車が今の様に道具ではなく、その人の人柄さえも表す様に思えます。
パブリカを運転するお祖父さんはお祖母さんを乗せて颯爽とドライブしていたのでしょうね。
  • 2009-08-28
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C138]

祖母の家に、車と一緒に撮られた写真があり、調べてみると、このパブリカ800 UP20らしきことが分かりました。恐らく祖父が乗っていたと思われますが、すでに他界しており、祖母も病気をしており聞くことが出来ませんが、たぶんそうです。昔の車の生き生きとした生の写真が見れたので少し興奮しています。
  • 2009-08-28
  • 投稿者 : 未来を想う車好き
  • URL
  • 編集

[C58] 1stCar

 トシさん

 以前最初の車がパブリカ1000だと伺いましたので早く行きたいのですが、それを書けば当然コンソルテ・ベルリーナも書きたいし・・・(^^;)
1000を書くにはまず800を紹介しなければ・・・と思い悩んで居りました。
 も少しご猶予を・・・<(_ _)>
  • 2009-07-23
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C52] 1stCar

 この後に出たパブリカ1000が最初に走らせた車でした。
詳しくは、お任せしますが高速時代に対応した車、って事でした。
でも今や軽のほうが大きいのかも。
このパブリカも良く出来た車でカローラ・サニーが台頭するまで身近な車でしたね。
  • 2009-07-22
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/22-b4f14823
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。