Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C76] サニークーペ

 くらさん

 (@_@)・・・奇遇ですなぁ・・・
ワタクシも18歳の時に後席に“乗せられて”弘前まで行きましたが、とても狭苦しかった。
帰りはPK30のパブリカに乗せられて『広い!』と思いました。
  • 2009-08-03
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C70]

よ~く考えてみたらサニークーペに乗ってましたね。
昔は車を乗りつぶすなんて発想は少なく、車検を区切りに買い換えたりしていたと思います。
何台乗ったのか?

サニークーペ、後部座席を倒してトランクとフラットなスペースを作り、毛布を持ち込んで友人と寝泊りしながら東京から竜飛岬まで行きました。
セイシュンだったのかな?
  • 2009-08-03
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

[C64] ダットサン・サニー

 トシさん

確かにこの頃の日産は勢いが有りましたね。
ブルーバードやセドリックのL型エンジンが(4気筒、6気筒を合わせて)世界一量産されているエンジンだとは聞いた事有りますが、車の生産台数(売り上げ金額?)が日本一だというのは何とも解せませんね。

 クーペのデザインは今見ても格好いいと思います。
  • 2009-07-31
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C63] 最大かも

 「隣の車が小さく見えます」とカロ-ラを売り出したのでエンジンの生産数が一番だったのか。
この頃の日産は勢いがありましたからね。
クーペは、310ぐらいまで格好良くて好きでした。
  • 2009-07-30
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/24-122b33b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ダットサン サニー1000 (DATUN SUNNY1000) 【B10】

表紙-s

  サニーは1966年4月にまず2ドアセダンが発売されました。
日産は発売に先立ち車名を公募し、当時人気のロイ・ジェームスの司会に依りTVの特番で大々的に発表させました。
 新しい時代のファミリ-カーは1000ccの4気筒、ハイカムシャフトのOHVで56PS/6000rpmでトルクは7.7Kg-m/3600rpm。
前輪はウイッシュボーンに横置き板バネを組み込んだ独立懸架。後輪は板バネのリッジド・アクスル。コラムシフトの3速ギアで最高時速は135Km/hでした。

2ドア-s

4ドア-s

セダン インパネ 3-s

室内 5-s

 10月には4ドアセダンが追加され、4速フロアシフトとボルグワーナー製の3速ATも追加されました。
‘68年2月17日にクーペ(KB-10)が発表され、3月に発売されました。
 このクーペのデザインは初代シルビアのモデルチェンジ案の一つを流用されたのではないかと噂されるファストバックスタイルで、エンジンはシングルキャブ、レギュラーガソリン仕様のまま、60PS/6000rpm、8.2Kgm/4000rpm-mのパワーアップされていました。

クーペ-s

クーペ 説明-s

 セダンとクーペでは室内の雰囲気もかなり違い、セダンは豪華さを強調し、クーペは当然ながらスポーティーさと若さを強調した物になってます。

クーペインパネ-s

クーペ 室内 7-s

 このカタログはクーペが登場した後のものですが、エンジン紹介のページに
『我が国最大のメーカー製品ですから安心です』
という不思議な一文を見つけました。
1968年当時、日産がトヨタより大きい会社だったのでしょうか???
 確かに輸出ではトヨタより多かったと思いますが、生産台数でもトヨタを抜いていたのでしょうか?
どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいと思います。

エンジン-s

スペック 2-s


 下の写真は某大学に保存されている4ドアの4速フロアシフト、“スポーツ”です。

4Dr 右-s

4Dr 左-s

4Dr 後左-s

4件のコメント

[C76] サニークーペ

 くらさん

 (@_@)・・・奇遇ですなぁ・・・
ワタクシも18歳の時に後席に“乗せられて”弘前まで行きましたが、とても狭苦しかった。
帰りはPK30のパブリカに乗せられて『広い!』と思いました。
  • 2009-08-03
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C70]

よ~く考えてみたらサニークーペに乗ってましたね。
昔は車を乗りつぶすなんて発想は少なく、車検を区切りに買い換えたりしていたと思います。
何台乗ったのか?

サニークーペ、後部座席を倒してトランクとフラットなスペースを作り、毛布を持ち込んで友人と寝泊りしながら東京から竜飛岬まで行きました。
セイシュンだったのかな?
  • 2009-08-03
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

[C64] ダットサン・サニー

 トシさん

確かにこの頃の日産は勢いが有りましたね。
ブルーバードやセドリックのL型エンジンが(4気筒、6気筒を合わせて)世界一量産されているエンジンだとは聞いた事有りますが、車の生産台数(売り上げ金額?)が日本一だというのは何とも解せませんね。

 クーペのデザインは今見ても格好いいと思います。
  • 2009-07-31
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C63] 最大かも

 「隣の車が小さく見えます」とカロ-ラを売り出したのでエンジンの生産数が一番だったのか。
この頃の日産は勢いがありましたからね。
クーペは、310ぐらいまで格好良くて好きでした。
  • 2009-07-30
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/24-122b33b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。