Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C102] 走行特性曲線

 トシさん

 若い頃はトルクカーブと各ギヤの守備範囲を必死で暗記しましたが、段々タコメーターはレッドゾーンを確認するだけになり、走行特性は見る事も止めてしまいました・・・(^^;)
 最近タコメーターはエアコンon,offやアイドリングの状態を確認するかATギヤチェンジのタイミングをコントロールする位で、殆どおもちゃです・・・!(^^)!
  • 2009-08-09
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C101] 解析

 買った車のギヤのつながりをグラフで見て考えてました。
クロスしたMTだから引っぱり過ぎは良くないとかホザいてました。
最近は、あまりカタログに詳細を載せないようですね。
  • 2009-08-09
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

[C96] 性能曲線

未来を想う車好きさん

 チョット難しい話になりましたが、車のメカについては完全に理解出来なくても関心を持って見ていると判ってきます。
最初は『何の事やら???』と思いますが、数をこなして行く内に他との関連も有り次第に解ってきます。
 とにかく楽しむ事が一番だと思いますよ。


  • 2009-08-09
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C92]

丁寧な説明をありがとうございます(^^)
車の世界が一層深まり、車の歴史がよく分かります(^^)
  • 2009-08-08
  • 投稿者 : 未来を想う車好き
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/31-9b9a4a2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

エンジン性能曲線

 今回は車そのものではなく、カタログの読み方について独断と偏見で繰り広げます。

 エンジンの馬力についてはイメージしやすいので簡単に理解で来ると思いますがトルクは理解しにくいのではないでしょうか?
馬力には『PS』で表すフランス馬力と『HP』で表す英国馬力がありますが、此処ではメートル法に基づくフランス馬力について述べます。

1馬力=75Kgの負荷を1秒間に1m持ち上げる為に必要な仕事量

トルク1Kg-m=長さ1mの棒の先に付けた1Kgの負荷を回転させる為に必要な力

馬力=トルク×回転数×0.001396

 荒っぽい言い方をすれば、エンジンの力強さはトルクに依って決まると言えます。
エンジンにはそれぞれの特性があり、最大馬力、トルクを出す回転数にも違いがあります。
 ここに4車種のエンジン性能曲線が有ります。
1.はスズキ フロンテSSS 2.はマツダ シャンテ 3.はフェローSS   4.は参考として最新のVWゴルフTSIです。


E フロンテSSS
        1.スズキフロンテSSS

E シャンテ
        2.マツダシャンテ

E フェローSS
        3.ダイハツフェローSS

 ここでグラフの一番上に有る平坦な線を見て、それぞれ『(軸)トルク』の数値を確認して下さい。
目盛りの取り方が統一されてませんので判りにくいですが、この『トルクカーブ』の形を比べて下さい。
フロンテとシャンテは同じように見えますが、フロンテには3000rpm以下が描かれていません。
 シャンテは2000rpmで約3Kg-m、フェローは約2.5Kg-m出ています。
ここからフェローの方がフロンテよりは多少扱いやすかったと推測出来ます。
0.5Kg-mなんて大した差ではないと思われるかも知れませんが、最大トルクがフェローは3.8Kg-m/5000rpm、フロンテは3.7Kg-m/6500rpmでシャンテは4.0Kg-m/4000rpmですから3000rpmで10数%の差、それより下ではもっと差が開きます。

 最大トルクの発生回転数もかなり違います。
フロンテの最大トルクは最高馬力のわずか500rpm低いだけ。
このグラフからフロンテSSSはエンジンをガンガン回さないとパワーが出ず、しかも回しすぎると急速にパワーが落ちるエンジンだと判断出来ます。
 フェローSSはもっと判りやすい曲線を描いてますね。
4500rpm辺りから急にトルクが大きくなり、それに伴って軸出力(馬力)が急カーブで上昇します。
これはフロンテ以上にこの回転域に入ると気持ち良く吹け上がるエンジンだと判ります。
この回転域を使った走りを『トルクバンドに乗る』と言います。
 

このほかにグラフの一番下のにはエンジンの燃料消費率を表すもう一つの曲線が描かれている物があります。
これはエンジンを回した場合、1PSを出すために消費するガソリンの量を表しています。
つまりこのカーブの最も低い回転数がそのエンジンの最も効率の良い回転数で有る事を示します。
但しこれはエンジン単体で測定したものでこの回転を維持するために2速や3速で走れば当然燃費は悪くなります。
 最近の車はATのファミリーカーでもタコメーターが付いてますが、殆どの人はその意味さえ知らず知っている人も活用していないのが現状です。

『タコメーターはそれを使える人だけしか必要のない装備です!』 

  40年も前の車と比べるのは酷ですが、ゴルフTSIのハイラインは低速から高速まで本当に真っ平らなラインを描いています。
ゴルフは国産車の様に目一杯過給するのではなく、スーパーチャージャーで低速を、高速域はターボチャージャーで程々に過給しているため、全域で力強いエンジンを実現しています。
 わずか1400ccでも1000rpmでも約19Kg-m。1500rpmからは24.5Kg-mのトルク。これは2500ccクラスに匹敵するパワーです。

 国産車でも次期マーチがこのような特性のエンジンになるようですが、これはエコに効果があると思います。
アイドリングや低速ではパワーと燃費を抑え、必要な時は充分なパワーを出す。
しかも排気量が小さければ税金も安い!

E ゴルフTSI
        4.VWゴルフTSIハイライン 

注1.
1999年9月30日以降、SI単位の使用が義務付けられたためエンジンの出力はKw(キロワット)で表記することになっています。1PS=約0.7355Kw(735.5w)

注2.
エンジン出力の測定法は1980年代後半に『グロス表示』から『ネット表示』に変更されました。
それ以前はエンジン単体の出力を測定していましたが、ネット表示は触媒マフラー、発電機、ラジエーターファン等を取り付けた状態で測定しますのグロスより15%前後低く表示されます。


 

4件のコメント

[C102] 走行特性曲線

 トシさん

 若い頃はトルクカーブと各ギヤの守備範囲を必死で暗記しましたが、段々タコメーターはレッドゾーンを確認するだけになり、走行特性は見る事も止めてしまいました・・・(^^;)
 最近タコメーターはエアコンon,offやアイドリングの状態を確認するかATギヤチェンジのタイミングをコントロールする位で、殆どおもちゃです・・・!(^^)!
  • 2009-08-09
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C101] 解析

 買った車のギヤのつながりをグラフで見て考えてました。
クロスしたMTだから引っぱり過ぎは良くないとかホザいてました。
最近は、あまりカタログに詳細を載せないようですね。
  • 2009-08-09
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

[C96] 性能曲線

未来を想う車好きさん

 チョット難しい話になりましたが、車のメカについては完全に理解出来なくても関心を持って見ていると判ってきます。
最初は『何の事やら???』と思いますが、数をこなして行く内に他との関連も有り次第に解ってきます。
 とにかく楽しむ事が一番だと思いますよ。


  • 2009-08-09
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C92]

丁寧な説明をありがとうございます(^^)
車の世界が一層深まり、車の歴史がよく分かります(^^)
  • 2009-08-08
  • 投稿者 : 未来を想う車好き
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/31-9b9a4a2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。