Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C134] マークⅡ

 くらさん

 オジさんには好まれましたが、少し車を知ってる人はスカイラインやローレルの4気筒を買ってましたね。
トヨタの『いつかはクラウンに』の最短距離に位置する車でしたから。
海外での全く評価を得られませんでしたね。
  • 2009-08-26
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C133]

マークⅡ、好きじゃないクルマの最右翼だったのです。
こんなクルマに乗るなんて恥を知れ!!って意味もなく思っていた時期がありました。
でも、このマークⅡはアメ車モドキのネーミングで笑っちゃいましたが、私の中では別モノなんですよね。
まだ妙な雰囲気を持ってないし、コロナの兄貴分という感じだったと思います。
ごたぶんに漏れず、我が家はシルバーのハードトップでした。
でも、すでに実家を出ていましたから殆どハンドルは握っていません。
  • 2009-08-25
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

[C130] ハードトップ

 トシさん

 コロナが日本にハードトップを持ち込み、MK?で流行を作ったと思います。
その後各社から競争する様に現れ、4ドアハードトップも出ましたが、アメリカで安全に対する不安が表面化すると全滅しましたね。
 苦し紛れに『ピラードハードトップ』なんてのも出ましたが、タダのサッシュレス4ドアでレオーネと何等変わりなし。
  • 2009-08-24
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C129] ハードトップ

 この車からBピラーの無い車が流行りましたね。
デザインが洗練され始め国産車も格好良くなっていきました。
私はクーペ好きでBピラー無しは乗った事がありません。
事故った車を見て客室周りの強度に不安を覚えました。
ちょっとやんちゃしていたので・・・。
  • 2009-08-23
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/38-4fccd4d2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨペット コロナ マークⅡ (CORONA MARKⅡ) 【RT-60・70】

新発売 全シリーズ-s

 ベストセラーの地位をブルーバードに奪われたコロナは1968年9月に大きく変貌して、コロナ〈マークⅡ〉になった。
スラントしたラジエーターグリルと“ニューアローライン”と名付けられたフェンダーデザインにコロナの名残を残しながら、ボディーはコロナとクラウンの中間サイズ。1クラス引き上げた理由は同年4月に登場したローレルに対抗する意味と、それまでのコロナのポジションを後に登場するカリーナとセリカに譲る思惑があったものと思われる。
一足先に登場したローレルはデラックスAとBの2グレードだったが、コロナ〈マークⅡ〉は発売当初からワイドバリエーションで、4ドアセダンと2ドアハードトップ、それにワゴンの3タイプ。

1600SL-s.jpg

 1900HT SL赤-s

HT 雪-s

HT 雪 リア-s

ワゴン リアゲート-s

透視図-s


 エンジンは1年前にコロナゴールデンシリーズで先行搭載されたOHCの7R型1600ccとストロークをアップした8R型1900ccとそれぞれツインキャブを装着した7R-B型と8R-B型の4機種だ。
1900の排気量は1858ccでローレルのG18型1815ccと殆ど差のない物だった。
出力も殆ど同じでG18は100PS/5600rpm、15Kg-m/3600kpm。
8Rは100PS/5500rpm、15Kg-m/3600kpmと最大馬力の回転数が100rpm低いだけだった。

エンジン-s


 1970年辺りは新車の発売に先駆けて海外を走破することが流行の様になっていた。
コロナ〈マークⅡ〉も発売前の1968年10月29日にセダンとハードトップのペアが2組がそれぞれ西回りと東回りで地球一周にチャレンジし、22日間で達成している。

世界一周-s

スペック-s

4件のコメント

[C134] マークⅡ

 くらさん

 オジさんには好まれましたが、少し車を知ってる人はスカイラインやローレルの4気筒を買ってましたね。
トヨタの『いつかはクラウンに』の最短距離に位置する車でしたから。
海外での全く評価を得られませんでしたね。
  • 2009-08-26
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C133]

マークⅡ、好きじゃないクルマの最右翼だったのです。
こんなクルマに乗るなんて恥を知れ!!って意味もなく思っていた時期がありました。
でも、このマークⅡはアメ車モドキのネーミングで笑っちゃいましたが、私の中では別モノなんですよね。
まだ妙な雰囲気を持ってないし、コロナの兄貴分という感じだったと思います。
ごたぶんに漏れず、我が家はシルバーのハードトップでした。
でも、すでに実家を出ていましたから殆どハンドルは握っていません。
  • 2009-08-25
  • 投稿者 : くら
  • URL
  • 編集

[C130] ハードトップ

 トシさん

 コロナが日本にハードトップを持ち込み、MK?で流行を作ったと思います。
その後各社から競争する様に現れ、4ドアハードトップも出ましたが、アメリカで安全に対する不安が表面化すると全滅しましたね。
 苦し紛れに『ピラードハードトップ』なんてのも出ましたが、タダのサッシュレス4ドアでレオーネと何等変わりなし。
  • 2009-08-24
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C129] ハードトップ

 この車からBピラーの無い車が流行りましたね。
デザインが洗練され始め国産車も格好良くなっていきました。
私はクーペ好きでBピラー無しは乗った事がありません。
事故った車を見て客室周りの強度に不安を覚えました。
ちょっとやんちゃしていたので・・・。
  • 2009-08-23
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/38-4fccd4d2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。