Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C156] 2ストローク

 未来を想う車好きさん

 なかなか簡単に説明出来まんが、多少でも解って頂ければ幸いです。
ウィキペディアの此処に動作のアニメーション入りで詳しく説明が乗って居ますので、それもご覧頂ければより解りやすいかと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%A9%9F%E9%96%A2
  • 2009-09-13
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C155]

細やかで丁寧な解説をありがとうございます。
少しではありますが4ストロークと2ストロークの違いが分かり、エンジンの仕組みがよく分かりました。繰り返し読んでみようと思います。
エンジンの仕組みだけにとどまらず、排ガス規制への取り組みについても触れられており、とても興味深いお話でした。
いつも乗ってる車ですが、エンジンについて知ると色々と分かってきますね。
  • 2009-09-12
  • 投稿者 : 未来を想う車好き
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/45-c023f76e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2ストロークと4ストローク

 今更ですが、今回は2ストロークと4ストロークの違いについておさらいをします。
普通のピストンが往復するエンジン(レシプロエンジン)には大きく分けて2ストロークと4ストロークがあります。

4ストローク-s

 4ストロークの行程は
1. 吸入(ピストン下降)
2. 圧縮(ピストン上昇)
3. 燃焼(ピストン下降)
4. 排気ピストン上昇)
の4行程で1サイクルになり、この間にクランクシャフトは2回転します。


 2ストロークの場合は
1.吸気および排気(ピストン下降)

吸入・排気-s

2.圧縮(ピストン上昇)

圧縮・クランクケース吸入-s

3.燃焼(ピストン下降)

爆発-s

になりますが、燃焼行程の途中で1の吸気および排気(ピストン下降)が始まり、2行程で1サイクルになります。
この間クランクシャフトは1回転します。

 2ストロークと4ストロークの一番大きな違いは、2ストロークはクランクシャフトが1回転する度に燃焼行程があり、4ストロークの場合はクランクシャフトが2回転して1回燃焼行程があります。
 ですから単純に見れば同じ排気量で2倍の出力が出る事になりますが、2ストロークは燃焼の途中、ピストンが下がり切る前に排気と吸入の行程が始まるのでピストンを押し下げる力は無くなります。
厳密には4ストロークでも燃焼行程が終わる前に排気バルブを開きますが、それは2ストロークに比べて短時間なので無視します。

 また4ストロークは吸入、排気それぞれのバルブの開閉で制御しますが、2ストロークはシリンダーに開けられた穴をピストンが塞いだり開いたりする事でバルブの代わりをします。
2ストロークはバルブやそれを駆動するカムシャフトやロッカーアーム、やプッシュロッドなどが必要ない為構造が簡単で重量も軽く、同じ排気量なら出力を大きくできますが、吸気が排気ポートに流れたり排気ガスがシリンダー内に残ったりして完全に吸気と排気を制御する事が出来ません。
この症状は低回転域と高回転域では更に顕著になります。

 現在車のエンジンとして2ストロークが壊滅状態なのはこの為です。
吸気の一部が排気ガスとして出るという事はシリンダー内で燃やすべきガソリンを排気として捨てる事になり燃費が悪くなり、排気ガスも汚れます。
 この問題に対しては日産ディーゼルがターボチャージャーで掃気していましたが、現在生産されているかどうかは不明です。

 排気ガスのもう一つの問題はエンジンオイルまで燃やす為不完全燃焼した生ガスが排出される事です。
4ストロークはエンジンオイルをクランクケース内に溜めて潤滑しますが、2ストロークはクランクケースにガソリンの混合気を入れる為オイルを溶かしてしまいます。
 その対策として、2ストロークの潤滑はガソリンにエンジンオイルを混ぜた混合油を使うか分離給油という方法でエンジンオイルを常に供給するシステムを使います。
 どちらにしてもエンジンオイルを燃やす事には変わりはないので矢張り排気ガス規制はクリア出来ずに今日では壊滅状態になりました。

 余談ですが・・・
排気ガス規制が強化された軽自動車メーカー各社が2ストロークから4ストロークにエンジンを換装したがスズキだけは2ストロークで乗り切ろうとした。
 だが、努力の甲斐も空しく規制がクリア出来ず、スズキは一時ライバルのダイハツからエンジンの供給を受けた時代が有りました。


※4ストロークのイラストは、株式会社内外出版社 カーメカニズム大全から引用しました。

2件のコメント

[C156] 2ストローク

 未来を想う車好きさん

 なかなか簡単に説明出来まんが、多少でも解って頂ければ幸いです。
ウィキペディアの此処に動作のアニメーション入りで詳しく説明が乗って居ますので、それもご覧頂ければより解りやすいかと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%A9%9F%E9%96%A2
  • 2009-09-13
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C155]

細やかで丁寧な解説をありがとうございます。
少しではありますが4ストロークと2ストロークの違いが分かり、エンジンの仕組みがよく分かりました。繰り返し読んでみようと思います。
エンジンの仕組みだけにとどまらず、排ガス規制への取り組みについても触れられており、とても興味深いお話でした。
いつも乗ってる車ですが、エンジンについて知ると色々と分かってきますね。
  • 2009-09-12
  • 投稿者 : 未来を想う車好き
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/45-c023f76e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。