Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C168] カローラ1200

トシさん

 本当に売れまくっていましたね。
『良いところは無いが悪いところも無い』
まさにトヨタ80点主義の最右翼ですね。
  • 2009-10-05
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C167]

あまりに売れて、これ以外の車に乗ろうと思ってました。
でも二台乗りました・・・。
特に良い所がない代わりに悪いところも少なかった。
競合させると値引きが大きかったのも魅力だった。
  • 2009-10-04
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/51-38a0fca4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨタ カローラ1200 (COROLLA1200)  【EK11】

表紙


 『プラス100ccの余裕』を謳い文句に登場した初代カロ-ラは、ライバルのサニーのモデルチェンジを前に1969年9月、全車種排気量を1100ccから1200ccアップした。
新しいエンジンは3K型で、1100ccのK型のストロークを61mmから66mmに伸ばし、排気量を1077ccから1166ccにしたものである。
これは同じ年の4月に発売された二代目パブリカKP30と差別化を図ると共に、翌年1月に登場する次期サニーが1200ccになることを見越しての事で、エンジン以外は基本ボディーも足回りもKE10型同じ物だった。

Hi-Dx.jpg

SL-s.jpg

 バリエーションは豊富で、2ドアと4ドアのセダンボディーにそれぞれスポーティータイプのSL、豪華装備のハイデラックス、売れ筋のデラックス、お買い得のスペシャルそして廉価版のスタンダードがラインナップされ、3Kエンジンは77PS、73PS、68PSと3種類のチューンがあり、グレードにより使い分けられてた。

バリエーション

インパネ

インテリア

メカ

 この頃にカローラはライバルのサニーはおろか、同社のベストセラー、コロナやそれを追い抜いたブルーバードも抜き去り、ベストセラーの座を不動のものにしていた。

性能曲線

スペック

図


2件のコメント

[C168] カローラ1200

トシさん

 本当に売れまくっていましたね。
『良いところは無いが悪いところも無い』
まさにトヨタ80点主義の最右翼ですね。
  • 2009-10-05
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C167]

あまりに売れて、これ以外の車に乗ろうと思ってました。
でも二台乗りました・・・。
特に良い所がない代わりに悪いところも少なかった。
競合させると値引きが大きかったのも魅力だった。
  • 2009-10-04
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/51-38a0fca4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。