Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/56-477b17c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨタ カローラ (COROLLA) 【KE-20 / TE20】

1400 デラックス-s

 1970年5月、カローラはモデルチェンジしてより大きくなった。
この頃からトヨタと日産の戦いの場はコロナとブルーバードからカローラ対サニーに代わっていた。
 「プラス100ccの余裕」に負けたサニーは1200になり、「隣の車が小さく見えま~す」とアヒルを連れた男の子が先制攻撃を加えればカローラは「大変だ、大変だ!」とアヒルが大騒ぎし、「ウォっと大きくなったカローラ」と反撃に出た。

Hi-デラックス-s

2ドアSL-s

後席-s

森-s

 発売当初は2ドアと4ドアのセダンとカローラスプリンターに代わってクーペが登場し、エンジンは1200ccのみで、メカ面は前輪の横置きリーフスプリング廃止され、コイルスプリングのみになった程度で殆ど変更なし。
 10月にはカリーナ用のT型エンジンを搭載した1400シリーズが追加され、1400SLには大衆車クラス初の5速ミッションが標準装備されていた。

ハイカムシャフト-s

エンジン性能曲線-s

下回り-s

5速ミッション-s

 この2代目カローラの販売は好調で次々とバリエーションを展開し、国内はもとより世界のベストセラーの座を不動のものにしてトヨタの大黒柱になった。

バリエーション-s

スペック-s

図 2Dr-s

図 4Dr-s



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/56-477b17c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。