Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C187] ダルマ

 としさんへ

 デザインはそれまでのセダンの後部をちょん切っただけのクーペとは明らかに違う、かなり進んだ形でしたね。
 確かにメカやスペックはそれ程の物ではないですが、若者に車を所有する喜びと走る楽しさを教えてくれたと思います。

 公道レースって普通の道で競争するって事?
・・・・(^_^;)
  • 2009-10-27
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C186] 宇宙船

 初代コスモに続いてSF的だと思っていました。
友人が長く乗っていたので何度も借りました。
GTだったのでソレックスキャブが扱いづらく苦労した。
後年、EFI化された2T-Gが自分にはお似合いだった。
今見ると足回りも粗末だし、パワーも2000で150PS以下。
ネットでリッター100PSの今とは時代が違います。
それでもピストンとクランクを換えた1600で仲間と公道レースやってました(^^;。
  • 2009-10-26
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/62-336aaf69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨタ セリカ (CELICA) 【TA-20・22 RA-21】

新発売-s
    1970年発売当初モデル

 未来の国からやってきたセリカは1970年12月、『恋はセリカで』のCMソングと共にデビューした。
基本構造は同時にデビューしたカリーナと同じだが、デザインは’69年の東京モーターショーでトヨタブースを飾ったEX1をベースにしたクーペで、日本初のスペシャリティーカーだった。
当初はOHVのT型1400ccとヤマハの手が加えられたDOHCの2T型 1600ccだけだったが、’73年4月にハッチバックのLBシリーズが加わった。
LBには1400の設定が無く、代わりにマーク?用のDOHC 2000ccの18RGが搭載され、’74年1月にはクーペにも18RG搭載モデルを発売した。

 なお、今回は編集の都合上2ドアクーペのみの紹介し、LB似ついては後日掲載致します。


 セリカの最大の特徴はフルチョイスシステム。
GTおよびGTVは専用装備だが、他のグレードは膨大なバリエーションが存在する。
まずエクステリアがGTとGTVの他にベーシックになるET。ラグジャリータイプのLTそしてスポーティータイプのSTがある。

ET・LT-s

ST-s.jpg

GT-s.jpg

GTV-s.jpg

 インテリアがベーシック、ベーシックS、デラックス、デラックスSW、カスタム、カスタムS、カスタムSW、GT、GTVとある。
(Sはスポーティー。Wは木目を意味しています)
シートもベーシック、デラックス、カスタムの3種類.

インパネ-s

インパネ 2-s

インテリア-s

エンジンはOHV1400cc 86PS。1600ccはOHV 100PSとDOHC 105PS、115PS。2000ccがOHC 2000cc が110PSと130PSでDOHCが 145PS。
しかもDOHCにはそれぞれ5PSずつパワーを下げたレギュラーガソリン仕様3機種有るので合計10機種も有る。
 
エンジン-s

内装一覧-s

内装一覧 2-s

 驚くのは未だ早い。
セリカのトランスミッションはオートマチックこそ3速だけだが、4速と5速のマニュアルシフトがノーマルとワーナータイプ。更に5速にはポルシェタイプが加わり3機種、合計6種も有るのだ。
 エンジンとトランスミッションに組み合わせるタイヤには制約が有るが、それでも2種のノーマルタイヤと3種のラジアルタイヤ。ノーマルタイヤにはチューブレスも用意されていたので細かく分ければ7種類。

トランスミッション-s

2000GT性能曲線-s

 このフルチョイスを可能にしたのは最新の堤工場が有ったからこそ。
当時の自動車工場は同じ車を大量に効率よく製造する施設だった。現在ではどこの工場でも混在生産は普通に行われているが、堤工場は1台ずつ違う仕様の車を製造した最初の自動車工場ではなかったかと思います。

スペック-s

3面図-s

 
 以下、次回のセリカLBに続く・・・・

2件のコメント

[C187] ダルマ

 としさんへ

 デザインはそれまでのセダンの後部をちょん切っただけのクーペとは明らかに違う、かなり進んだ形でしたね。
 確かにメカやスペックはそれ程の物ではないですが、若者に車を所有する喜びと走る楽しさを教えてくれたと思います。

 公道レースって普通の道で競争するって事?
・・・・(^_^;)
  • 2009-10-27
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

[C186] 宇宙船

 初代コスモに続いてSF的だと思っていました。
友人が長く乗っていたので何度も借りました。
GTだったのでソレックスキャブが扱いづらく苦労した。
後年、EFI化された2T-Gが自分にはお似合いだった。
今見ると足回りも粗末だし、パワーも2000で150PS以下。
ネットでリッター100PSの今とは時代が違います。
それでもピストンとクランクを換えた1600で仲間と公道レースやってました(^^;。
  • 2009-10-26
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/62-336aaf69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。