Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C508] Re: 遠い目になります

 夜行乗用車 様

続けてのコメントありがとうございます。
チョークの扱いをちゃんと理解されていたんですね。
立派なクルマ少年です。

 その内に再開しなければと思いつつ、もう3年以上ですね。
近々ゆるりと再開したいと考えておりますので、その時は宜しくお願い致します。
  • 2017-02-23
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C506] 遠い目になります

父が「2ドアセダン1200DX」に乗っていました。
初めて手に入れた新車ということで、あちこちドライブに連れて行ってもらったものです。
子供心の記憶としては、スポーティーな排気音と、ぽんぽん跳ねるリヤシートの乗り心地、ウォッシャータンクが「袋」だったことでしょうか…
ドライブ前にエンジンの始動をするのが、当時小学3年生であった私の仕事で(笑) ニュートラルを確認して、チョークを引いてスイッチオン、回転が滑らかに保つように様子を見ながら徐々に戻すといった操作を嬉々としてやっていました。
こうした車と対話するといった儀式がなくなって久しいですね。
  • 2017-02-23
  • 投稿者 : 夜行乗用車
  • URL
  • 編集

[C198] サニー1200

 シゲさん、ありがとうございます。

 テントウ虫から乗り換えたら、その広さとパワーは圧倒的な差があったでしょうね。
この時代でクーラーはクラウンやセドリックでも付けてないのが普通でしたから、未だまだ出始めの贅沢品でしたからパワーロスもも大きかったのでしょうね。
 この頃小2と言う事は私より10歳以上お若い方のようですが、これからも気まぐれに'70年代の車をふり返って行きますので宜しくお願いいたします。
  • 2009-11-21
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C197] 懐かしい

私が小2の頃父がスバル360カスタムから、マイチェン後の2ドアデラックスに乗り換えました。
グリルは違いましたが、醸し出す雰囲気は110そのものです。
以前のスバル360カスタムは、今思えばいい車ですが当時は4人乗りで山登りはとてもきつかったようです。
乗り換えてからは、父の休みのドライブがとても楽しかったです。
ただし、クーラーを後付けしたらかなり加速が重そうだったことを覚えています。
  • 2009-11-21
  • 投稿者 : シゲ
  • URL
  • 編集

[C194] サニー

 トシさん、ありがとうございます。

 これは若者に大人気でしたね。
スカイラインやSSSにはチョット手が届かないけど、サニーならなんとかなる・・・・
 実質的にカローラと同じクラスではない様な気がしましたが、販売のトヨタは敵わなかった様ですね。
  • 2009-11-09
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C193] 210

 栄光時代のサニーですな。
後のGX-5欲しかったけど、カローラスプリンター攻勢に負けました。
排ガス対策前のエンジンは良く回った♪
  • 2009-11-08
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/66-fbaf227a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ダットサン サニー(SUNNY)【B110】

表紙-s


『隣のクルマが小さく見えま~す!』
とアヒルを連れた男の子言う挑発的なキャッチコピーを引っ提げてモデルチェンジしたのは’70年早々の1月のこと。
もちろん小さく見えるのはカローラの事だ。

広告-s

 パブリカよりも大きく性能も高く、我慢をしなくても良い新時代の大衆車として’66年に発売されたサニーに対して7ヶ月後に登場したカローラはサニーより更に大きく豪華で、その結果車重が重くなってしまった。
設計当初の1000ccでは目標の性能が確保出来ず、やむなく自動車税が1ランク上がる事を承知で1100ccにしたが、そのハンディーを『プラス100ccの余裕』と開き直り日本人の虚栄心をくすぐり大成功を納めた。

 対するサニーは4ドアセダンを追加し、4速フロアシフトやクーペとバリエーションを増やしたがカローラの快進撃に追い付けず、リベンジを図るべく最初のモデルチェンジを断行した。
ボディーサイズは全長3830mm×全幅1495mm×全高1390mm、ホイールベース2300mmで車重は4ドアデラックスが705Kg。
エンジンも200ccアップして『2まわり大きくなったサニー』と宣戦布告した。
2まわりは少々大げさだが、初代の全長3820mm×1445全幅mm×全高1345mm、ホイールベース2280mm車重665Kgに比べて大きくなった。
 
 これはカローラより全長は25mm短いが、全幅と全高が10mm大きくホイールベースが15mm大きく、車重が25Kg軽い数値だった。
 新しいボディーは先代よりやや丸みを帯び、豪華さが増した。
ボディーサイズが大きくなった結果室内はカロ-ラより広くなり、このクラス最大の居住空間を誇った。

GL-s.jpg

デラックス-s

セミデラックス

スタンダード

GLインパネ-s

室内-s

オプション-s


 エンジンは1000のA10型のボア73mm×ストローク59mm、988ccのストロークを11mm伸ばした1171ccのA12型68PSだった。
A型エンジンはこのA12からそれまでの3ベアリングから5ベアリングになり、メタルもF770が採用されて耐久性を向上させた。
 このエンジンと軽量ボディー。これが多くの若者に受け入れられ現在でも人気の高いB110の最大の魅力だ。

エンジン-s

高速ツーリング-s

他車比較-s

透視図-s

仕様-s

2面図-s



 なお、初代モデルのB10は1200発売後も数ヶ月間継続販売された。
これは同年10月に発売される1000ccのチェリーの登場までの繋ぎ処置だった。

6件のコメント

[C508] Re: 遠い目になります

 夜行乗用車 様

続けてのコメントありがとうございます。
チョークの扱いをちゃんと理解されていたんですね。
立派なクルマ少年です。

 その内に再開しなければと思いつつ、もう3年以上ですね。
近々ゆるりと再開したいと考えておりますので、その時は宜しくお願い致します。
  • 2017-02-23
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C506] 遠い目になります

父が「2ドアセダン1200DX」に乗っていました。
初めて手に入れた新車ということで、あちこちドライブに連れて行ってもらったものです。
子供心の記憶としては、スポーティーな排気音と、ぽんぽん跳ねるリヤシートの乗り心地、ウォッシャータンクが「袋」だったことでしょうか…
ドライブ前にエンジンの始動をするのが、当時小学3年生であった私の仕事で(笑) ニュートラルを確認して、チョークを引いてスイッチオン、回転が滑らかに保つように様子を見ながら徐々に戻すといった操作を嬉々としてやっていました。
こうした車と対話するといった儀式がなくなって久しいですね。
  • 2017-02-23
  • 投稿者 : 夜行乗用車
  • URL
  • 編集

[C198] サニー1200

 シゲさん、ありがとうございます。

 テントウ虫から乗り換えたら、その広さとパワーは圧倒的な差があったでしょうね。
この時代でクーラーはクラウンやセドリックでも付けてないのが普通でしたから、未だまだ出始めの贅沢品でしたからパワーロスもも大きかったのでしょうね。
 この頃小2と言う事は私より10歳以上お若い方のようですが、これからも気まぐれに'70年代の車をふり返って行きますので宜しくお願いいたします。
  • 2009-11-21
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C197] 懐かしい

私が小2の頃父がスバル360カスタムから、マイチェン後の2ドアデラックスに乗り換えました。
グリルは違いましたが、醸し出す雰囲気は110そのものです。
以前のスバル360カスタムは、今思えばいい車ですが当時は4人乗りで山登りはとてもきつかったようです。
乗り換えてからは、父の休みのドライブがとても楽しかったです。
ただし、クーラーを後付けしたらかなり加速が重そうだったことを覚えています。
  • 2009-11-21
  • 投稿者 : シゲ
  • URL
  • 編集

[C194] サニー

 トシさん、ありがとうございます。

 これは若者に大人気でしたね。
スカイラインやSSSにはチョット手が届かないけど、サニーならなんとかなる・・・・
 実質的にカローラと同じクラスではない様な気がしましたが、販売のトヨタは敵わなかった様ですね。
  • 2009-11-09
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C193] 210

 栄光時代のサニーですな。
後のGX-5欲しかったけど、カローラスプリンター攻勢に負けました。
排ガス対策前のエンジンは良く回った♪
  • 2009-11-08
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/66-fbaf227a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。