Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C484] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2014-02-12
  • 投稿者 :
  • 編集

[C462] Re: ほんとはここでコメする内容ではないかも?!

 大山さん

 ここでトゥデイの話になるとは想像もしませんでしたねえ・・・・(^O^)
'70年代は目で見れば解るような機械式(からくり?)ばかりでしたが、'80ねんに入ったあたりからから電子制御が出てきましたね。
時代的に過渡期で仕方のない事でしたが、せっかく電子点火もディストリビューターを使ってたんじゃそのありがたみは半減ですね。

 ダイハツサービスの名誉の為に・・・
あのころのホンダはまだ独自の技術に拘ってましたので、他社もサービス部門では把握しきれなかったかと・・・(-_-;)
  • 2013-12-21
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C461] ほんとはここでコメする内容ではないかも?!

ホンダ・トゥディ・ポシェットのことです。
ここで、一見すると、まったく関係ないように思えますが、そうでもない…と思い…

モデルチェンジする前の550ccの最終型(このあと660ccに変わる)1989年頃のモデルかな?

実際に乗っていたのですが、
点火系は「メーカー内製CDI」ともいうべきもので、とってつけたようなものでした。
デスビキャップははずすと、各プラグヘローターから渡す構造のままで、コンタクトポイントがないだけでした。
おかげで、古くなるとデスビキャップを頻繁にメンテするハメになるのです。エンジンがかかりにくくなるから、わかるんです。
しかも、ストロンバーグ方式キャブレターでした。
ポシェットの場合、4MTだったので、それも困ったちゃん!でしたが…

インジェクション移行前のクルマって、Q車改造の参考になるんじゃないかなぁ~?って思い、ここにコメしたのでした!

ちなみに、そのポシェットは「ダイハツ」で買った中古だったんですけど、「デスビの端子なんかない!」って言い張った、整備の責任者が私のところに謝りにきた、という話があったのでした…

私は自分でメンテしてたから、車検整備時にそのことを伝えたのだけど…情けない話しでしたねぇ~!

[C460] Re: 見覚えあるクルマだなぁ~!

 大山さん

 レザートップ、一時期は大流行で“猫も杓子も”状態でしたが、古くなると悲惨な事になり買い換時に又レザートップにする人は居なかった・・・^^;

 この時代の車をオリジナル状態で維持するのはかなり難題ですね。
業界関係者とか、シッカリ知識、技術、そして部品の入手ルートを持っていないとねぇ・・・
お金も絶対必要ですが、幾ら出してももうこの世に存在しない部品が最大の問題ですね。
  • 2013-12-20
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C459] 見覚えあるクルマだなぁ~!

レザー張りルーフのヤツ、子供の頃みてましたねぇ~、たしか…
1600SLっていうの、クサるほど走っていた(笑)ように記憶している…
オリジナルのまま維持して乗るのは難しそうですねぇ~ぃ!
今風の装備に改造しないと、きっとあきらめざるを得ないクルマだと思います。特に、電気系ですね!

点火系はもちろんのこと、充電系の要・ボルテージレギュレータとかも電子化しないと…

[C458] Re: 廃車体直しました

 コロじいご老体さん

 コメントありがとうございます。
RT90を復活させたんですか?大変だったでしょうね。
この時代の車はそれぞれに個性があり、人を惹き付けるものが有りますね。
でも古い車を維持するには手間とお金がかかるのも事実です。
私も十数年乗って愛着のある車の維持費が捻出出来ずに手放しました。
これを見てどなたかが救いの手を差し伸べてくれると良いのですがねぇ・・・
  • 2013-12-18
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C457] 廃車体直しました

この型のコロナは昔トミカにありました。私が生まれる前の古い車ですが威厳があるように思います。最近廃車体を復活させました。 しかし私では末長く維持するのが難しいのですぐにでも手放したいのですが 価格は30万でどうでしょうか? 車検は今月新規に取得したばかりです。 ただし錆びと腐りはひどいです。
  • 2013-12-18
  • 投稿者 : コロじいご老体
  • URL
  • 編集

[C200] レザートップ

 トシさん

そうそう、レザートップってこの頃だいぶ流行りましたね。
端っこのモールが剥がれるとドンドンみっともなくなって・・・
思い切って全部剥がせば屋根だけ色が違うとか・・・(^O^)
  • 2009-11-24
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C199] レザートップ

 このスタイル、受けてましたね。
性能、機構では見る物が少ないけど売りまくってました。
マーク2とレザートップが大流行でしたね。
劣化したら見られた物じゃなかったけど・・・。
  • 2009-11-23
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/69-77256c54
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ブラボーコロナ                                                     トヨペット コロナハードトップ (3rd CORONA HARDTOP) 【RT90・94】

表紙-s


 コロナマークⅡの登場でコロナシリーズは消滅するものと思われたが、トヨタは同じクラスのカリーナの登場を前に1970年2月2日に4代目コロナを発表し、同月10日に発売を開始した。
 当初発売された4ドアセダンのエンジンはOHV1500ccとOHC1600ccで共に旧モデルからのキャリーオーバーでOHC1600はマークⅡ発売前の半年間だけ販売されたコロナゴールデンシリーズでデビューし、マークⅡ1600に搭載されたものだ。
 4代目コロナの登場に伴いマークⅡの1600ccは1700ccにアップされ、同じ年の8月に追加発売されたコロナハードトップは1500ccと1700ccが搭載され、9月にはセダンも同様に1700ccとなった後1971年2月にはOHV1500ccが1600ccになり、更に3月にはマークⅡ用のOHC1900ccを追加と搭載されるエンジンは目まぐるしく変更された。
 このハードトップは’70年8月発売当初のものでOHV1500ccとOHC1700ccが搭載され、3代目のゴールデンシリーズ同様わずか半年の間だけ販売されたモデルである。

 ボディーサイズは全長4170mm×全幅1570mm×全高1385mmホイールベース2430mmで旧型の全長4125mm×全幅1565mm×全高1375mm、ホイールベース2420mmに比べやや大きくなっている。

セダン1600SL-s
 【セダン 1600SL】

1500-s.jpg
 【1500SL】

1700 RT94-s
 【1700SL】

キャビン-s
 【1700SL】

1700 SL-s
 【1700SL】

1700 SL-s
 【1700SL】

トランクスルー-s
 
 
 足回りも3代目RT40と変わらず前輪ダブルウイッシュボーン・コイルに依る独立、後輪リーフスプリングでこの時代では一般的な物だった。
ブレーキも旧型と同じでSLにこそディスクブレーキを採用していたが、他のモデルは前後ともデュオサーボだった。
デュオサーボは効き始めるとブレーキシューがドラムの回転力で更に押しつけられ強力に作用するが、初期制動が弱く安定性に欠ける為すでに時代遅れになったブレーキだった。
 これら構造的な弱点はトヨタヒエラルキーの中でマークⅡとの価格差の求められた結果であろう。

エンジン-s

透視図 3-s

足回り-s

2面図-s

仕様-s




9件のコメント

[C484] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2014-02-12
  • 投稿者 :
  • 編集

[C462] Re: ほんとはここでコメする内容ではないかも?!

 大山さん

 ここでトゥデイの話になるとは想像もしませんでしたねえ・・・・(^O^)
'70年代は目で見れば解るような機械式(からくり?)ばかりでしたが、'80ねんに入ったあたりからから電子制御が出てきましたね。
時代的に過渡期で仕方のない事でしたが、せっかく電子点火もディストリビューターを使ってたんじゃそのありがたみは半減ですね。

 ダイハツサービスの名誉の為に・・・
あのころのホンダはまだ独自の技術に拘ってましたので、他社もサービス部門では把握しきれなかったかと・・・(-_-;)
  • 2013-12-21
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C461] ほんとはここでコメする内容ではないかも?!

ホンダ・トゥディ・ポシェットのことです。
ここで、一見すると、まったく関係ないように思えますが、そうでもない…と思い…

モデルチェンジする前の550ccの最終型(このあと660ccに変わる)1989年頃のモデルかな?

実際に乗っていたのですが、
点火系は「メーカー内製CDI」ともいうべきもので、とってつけたようなものでした。
デスビキャップははずすと、各プラグヘローターから渡す構造のままで、コンタクトポイントがないだけでした。
おかげで、古くなるとデスビキャップを頻繁にメンテするハメになるのです。エンジンがかかりにくくなるから、わかるんです。
しかも、ストロンバーグ方式キャブレターでした。
ポシェットの場合、4MTだったので、それも困ったちゃん!でしたが…

インジェクション移行前のクルマって、Q車改造の参考になるんじゃないかなぁ~?って思い、ここにコメしたのでした!

ちなみに、そのポシェットは「ダイハツ」で買った中古だったんですけど、「デスビの端子なんかない!」って言い張った、整備の責任者が私のところに謝りにきた、という話があったのでした…

私は自分でメンテしてたから、車検整備時にそのことを伝えたのだけど…情けない話しでしたねぇ~!

[C460] Re: 見覚えあるクルマだなぁ~!

 大山さん

 レザートップ、一時期は大流行で“猫も杓子も”状態でしたが、古くなると悲惨な事になり買い換時に又レザートップにする人は居なかった・・・^^;

 この時代の車をオリジナル状態で維持するのはかなり難題ですね。
業界関係者とか、シッカリ知識、技術、そして部品の入手ルートを持っていないとねぇ・・・
お金も絶対必要ですが、幾ら出してももうこの世に存在しない部品が最大の問題ですね。
  • 2013-12-20
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C459] 見覚えあるクルマだなぁ~!

レザー張りルーフのヤツ、子供の頃みてましたねぇ~、たしか…
1600SLっていうの、クサるほど走っていた(笑)ように記憶している…
オリジナルのまま維持して乗るのは難しそうですねぇ~ぃ!
今風の装備に改造しないと、きっとあきらめざるを得ないクルマだと思います。特に、電気系ですね!

点火系はもちろんのこと、充電系の要・ボルテージレギュレータとかも電子化しないと…

[C458] Re: 廃車体直しました

 コロじいご老体さん

 コメントありがとうございます。
RT90を復活させたんですか?大変だったでしょうね。
この時代の車はそれぞれに個性があり、人を惹き付けるものが有りますね。
でも古い車を維持するには手間とお金がかかるのも事実です。
私も十数年乗って愛着のある車の維持費が捻出出来ずに手放しました。
これを見てどなたかが救いの手を差し伸べてくれると良いのですがねぇ・・・
  • 2013-12-18
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C457] 廃車体直しました

この型のコロナは昔トミカにありました。私が生まれる前の古い車ですが威厳があるように思います。最近廃車体を復活させました。 しかし私では末長く維持するのが難しいのですぐにでも手放したいのですが 価格は30万でどうでしょうか? 車検は今月新規に取得したばかりです。 ただし錆びと腐りはひどいです。
  • 2013-12-18
  • 投稿者 : コロじいご老体
  • URL
  • 編集

[C200] レザートップ

 トシさん

そうそう、レザートップってこの頃だいぶ流行りましたね。
端っこのモールが剥がれるとドンドンみっともなくなって・・・
思い切って全部剥がせば屋根だけ色が違うとか・・・(^O^)
  • 2009-11-24
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C199] レザートップ

 このスタイル、受けてましたね。
性能、機構では見る物が少ないけど売りまくってました。
マーク2とレザートップが大流行でしたね。
劣化したら見られた物じゃなかったけど・・・。
  • 2009-11-23
  • 投稿者 : トシ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/69-77256c54
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。