Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C304] Re: としさんへ

充分『俺の車だ!』と自慢出来ましたね。
今見れば、クラウンだって決して大きくありませんが、あの頃は5ナンバーであれば一人前だって気がしましたね。
 あの頃は車を転がすだけで楽しかった。それがやたらエンストするバンやまっすぐ走らないトラックであっても。
心の中で“俺はこんな難しい車を自由に操れるんだぜィ!”って、偉大なる自己満足が有りました。

 本当に車と恋愛は似ていますね。
素直に何でも言う事を聞く犬を飼うのは良いけれど、アバンチュールは気まぐれな子猫ちゃんの方が楽しいです・・・(^O^)
  • 2011-05-25
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C303] Re: f^_^;

 こんにちは猫二匹さん。
そんなお気遣い無く。
レスを戴いたお陰で早期に修正出来たのですから、本当に有り難いと思っています。

 B110の強さは圧倒的でしたからね。
これは車の素質と言うか、メーカーの姿勢の差でしょうね。
プリンス自動車を吸収して、日産社内でもダットサンとプリンスの意地を懸けた技術競争が有った様ですからね。
 
 その中で戦ったパブリカは一回り小さくt軽いボディが有利に働いたと思います。
それは初期のサニーの活躍に似ていると思います。

 技術的な知識?
本当はワタクシも上っ面だけですから・・・!(^^)!

 一番大切な事は『楽しむ事』ですから、一生懸命やる必要は有りません。
よく車を女性に例える事が有りますが・・・
最初は見てくれが優先されますが、興味が有ればアレコレ知りたくなりますね。
その内にアラ探しが始まって・・・(^O^)
 一番良いには他のオンナと比べてみる事。
そうすると綺麗だと思ったのは実は着ている服だとか化粧で騙されていた事に気が付く訳で・・・

 技術的な事に興味を持ち、調べていくと次から次と聞いた事もない言葉が出てきますよね?
それでつまずいて立ち止まったら先には進めません。
解らない所は“多分こうなんだろう”で読み飛ばし解らないまま先に進みます。
 その内にまた同じ言葉が出てきたり、解説に出くわしたり、はたまた数をこなす内にオボロゲながら解ってきて、他人様には説明出来なくても理解出来るようになります。
理解出来ればもっと知りたくなってもっと楽しくなってきます。

 方法の一つとして、大ヒットした車から入り、その車を基準にして不人気車を比較してみる。
そうすると意外な事がドンドン判明してきてます。
そして男という生き物は如何にバカだったのかを知ります。
100の言葉を重ねるより、一夜を共にした方が分かり合えますから、触ってみたりボンネットを開け、乗ってみた方が理解出来ますから・・・(^O^)
(でも抜き差しならない関係にならない様に気を付けて下さいね)

 で・・・気が付けば周りから「変わった人だ」とか「付き合いきれない!」等とお褒めの言葉を頂ける様になります! (^-^) 

  • 2011-05-25
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C302]

1000のスタンダードだったか我が家最初の車だった。
まだ免許が無くそこらを流したぐらい。
一年後ぐらいに免許を取り暇さえあれば走っていた。
テクもへったくれもなく走ってれば楽しかった。
大きかった気がするけど今スペックを見ると・・・。
  • 2011-05-25
  • 投稿者 : とし
  • URL
  • 編集

[C297] f^_^;

藤さん、おはようございます。
指摘とかそんなつもりでは、なかったのですが…
本当は、技術的な話ができれば良いのですが(ベレットの方の様に)全然わからないので上っ面の話しか出来ないのが悲しいです。
(;_;)
  • 2011-05-25
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

[C296] 修正致しました

 改めまして、猫二匹さん、コメントありがとうございます。
 ヤングシリーズのカタログは残念ながら有りませんのでSTの写真を捜して貼り付けました。
冷や汗ものですね・・・(^^;)

  • 2011-05-23
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C295] Re: 今から30年以上前に

  Oh!
みすていく・・・(^^;)
記憶がゴッチャになってました。
確かに'72年のマイナーチェンジ時には1000ccも1200のツインキャブも有りました・・・!(^^)!
大急ぎで修正致します。

 ご指摘ありがとうございます。
  • 2011-05-23
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C294] 今から30年以上前に

鈴鹿で、大勢のB110を相手にたった1台戦っていたパブリカを思い出しました。結果は、サニーの123だった様に記憶します。しかし、当時中学生の私は親の影響もあり、トヨタ党で尚且孤軍奮闘するこのパブリカが非常にかっこよく見えたのを思い出しました。今回紹介して頂いたモデルの後期なのかSTとかSRとかのツインキャブ仕様もありましたよね?
  • 2011-05-23
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/93-90c1d51f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

トヨタ パブリカ (PUBULICA)【KP30・50】

\KP30改 表紙

 二代目パブリカは’72年1月に大掛かりなマイナーチェンジをした。
それは前後ビューの変更に留まらず、ドアを除くボディパネルにまで及んでリアウインドーの傾斜を強めたファストバックスタイルになった。
 前後オーバーハングが延長され全長は+50mmの3695mmになったが全幅、高さは共に変更は無かった。
(カタログ数値の前665mm、ホイールベース2160mm、後865mmを合計すると3690mmとなるが???) 
 全長は大きくなったが、室内長は1650mmから1560mmと逆に短くなっている。
これはダッシュボードやリアシートバックの形状が変わった為だと思われる。

 デザイン以外では車種が整理され、空冷800ccのが落とされ、1000ccがスタンダード、デラックス、HI-デラックス。
1200はファミリーシリーズで豪華装備のXL(大きいイズという意味ではない。念のため)とヤングシリーズのSがシングルキャブで58Ps/6000rpm 7.9Kgm/00rpm。
同じヤングシリーズのSTとSRにはカローラSLと同じツインキャブが搭載され、圧縮比10.0のハイオク仕様は77Ps/6600rpm9.6 Kgm/6600rpm。圧縮比9.0のレギュラー仕様は74Ps/6600rpm 9.5Kgm46/00rpmのいずれかを選べるようになっていた。
このSTとSRには155-SR12サイズのラジアルタイヤが標準装備されていた。


\KP30改 サイド

KP30 デラックス

\KP30 1200XL

KP30 1200XL インテリア

KP30 ST-s



 他メカ関係は特に変更はないが燃料タンクの気化ガスをエンジンに送り込み燃焼させる等の排気ガス対策が追加された。

KP30 排ガス対策-s

KP30改  透視図

KP30改 仕様


 ‘76年1月。パブリカは再び大掛かりなマイナーチェンジを受けた。
外観はフロントグリルとリア、トランクサイドのエアアウトレットのデザインが変わった程度だが、トヨタ車の中では早い時期に51年排気ガス規制に対応し、全車種1200ccの3K-U型を搭載していた。
 エンジン形式の『-U』はTTC-C仕様(Toyota Total Clean System Catalyst)を表し、HC、CO、NOxを同時に処理する三元触媒で排気ガス規制に適合した物である。
 出力は68Ps/00rpm9.5 Kgm/00rpmから64Ps/00rpm 9.2Kgm/00rpmと4Ps、0.3 Kgmの低下だが、当時の馬力表示はグロス方式で、触媒の入ったマフラーは装着されず殆どエンジン単体で測定したものだったので、実感としては数値以上にパワーダウンを感じた。

 グレードはスタンダード、デラックス、Hi-デラックスとややスポーティーで豪華装備のXTの4グレードに集約された。
 この時代に4グレードは寂しいが、大衆車市場は日本人の生活が豊かになるに連れ上級志向が強くなり、人気の中心がカローラやサニー、ファミリア等のCセグメントに移っていた為その下に位置するパブリカは苦しい立場に置かれていた。



KP50 表紙



KP50 Hi-デラックス

KP50 デラックス

KP50 スタンダード

KP50 XL

KP50 TTC-C

 他にスペック上の変更はトランスミッションのギヤ比や燃料タンクが35リッターから38リッターに増えた位だが、エンジン、排気系統を中心にかなりの変更が有った模様で、車輌形式がP30からP50に変わっている。
この間のP40は姉妹車として登場した『パブリカ・スターレット』に割り当てられている。

 その年の6月にはカローラ同じ5速ミッション車が追加され、9月には2速ATのトヨグライドを復活させたが、‘78年2月に登場した『トヨタ・スターレット』に末っ子の座を明け渡した。

\KP50 仕様

7件のコメント

[C304] Re: としさんへ

充分『俺の車だ!』と自慢出来ましたね。
今見れば、クラウンだって決して大きくありませんが、あの頃は5ナンバーであれば一人前だって気がしましたね。
 あの頃は車を転がすだけで楽しかった。それがやたらエンストするバンやまっすぐ走らないトラックであっても。
心の中で“俺はこんな難しい車を自由に操れるんだぜィ!”って、偉大なる自己満足が有りました。

 本当に車と恋愛は似ていますね。
素直に何でも言う事を聞く犬を飼うのは良いけれど、アバンチュールは気まぐれな子猫ちゃんの方が楽しいです・・・(^O^)
  • 2011-05-25
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C303] Re: f^_^;

 こんにちは猫二匹さん。
そんなお気遣い無く。
レスを戴いたお陰で早期に修正出来たのですから、本当に有り難いと思っています。

 B110の強さは圧倒的でしたからね。
これは車の素質と言うか、メーカーの姿勢の差でしょうね。
プリンス自動車を吸収して、日産社内でもダットサンとプリンスの意地を懸けた技術競争が有った様ですからね。
 
 その中で戦ったパブリカは一回り小さくt軽いボディが有利に働いたと思います。
それは初期のサニーの活躍に似ていると思います。

 技術的な知識?
本当はワタクシも上っ面だけですから・・・!(^^)!

 一番大切な事は『楽しむ事』ですから、一生懸命やる必要は有りません。
よく車を女性に例える事が有りますが・・・
最初は見てくれが優先されますが、興味が有ればアレコレ知りたくなりますね。
その内にアラ探しが始まって・・・(^O^)
 一番良いには他のオンナと比べてみる事。
そうすると綺麗だと思ったのは実は着ている服だとか化粧で騙されていた事に気が付く訳で・・・

 技術的な事に興味を持ち、調べていくと次から次と聞いた事もない言葉が出てきますよね?
それでつまずいて立ち止まったら先には進めません。
解らない所は“多分こうなんだろう”で読み飛ばし解らないまま先に進みます。
 その内にまた同じ言葉が出てきたり、解説に出くわしたり、はたまた数をこなす内にオボロゲながら解ってきて、他人様には説明出来なくても理解出来るようになります。
理解出来ればもっと知りたくなってもっと楽しくなってきます。

 方法の一つとして、大ヒットした車から入り、その車を基準にして不人気車を比較してみる。
そうすると意外な事がドンドン判明してきてます。
そして男という生き物は如何にバカだったのかを知ります。
100の言葉を重ねるより、一夜を共にした方が分かり合えますから、触ってみたりボンネットを開け、乗ってみた方が理解出来ますから・・・(^O^)
(でも抜き差しならない関係にならない様に気を付けて下さいね)

 で・・・気が付けば周りから「変わった人だ」とか「付き合いきれない!」等とお褒めの言葉を頂ける様になります! (^-^) 

  • 2011-05-25
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C302]

1000のスタンダードだったか我が家最初の車だった。
まだ免許が無くそこらを流したぐらい。
一年後ぐらいに免許を取り暇さえあれば走っていた。
テクもへったくれもなく走ってれば楽しかった。
大きかった気がするけど今スペックを見ると・・・。
  • 2011-05-25
  • 投稿者 : とし
  • URL
  • 編集

[C297] f^_^;

藤さん、おはようございます。
指摘とかそんなつもりでは、なかったのですが…
本当は、技術的な話ができれば良いのですが(ベレットの方の様に)全然わからないので上っ面の話しか出来ないのが悲しいです。
(;_;)
  • 2011-05-25
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

[C296] 修正致しました

 改めまして、猫二匹さん、コメントありがとうございます。
 ヤングシリーズのカタログは残念ながら有りませんのでSTの写真を捜して貼り付けました。
冷や汗ものですね・・・(^^;)

  • 2011-05-23
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C295] Re: 今から30年以上前に

  Oh!
みすていく・・・(^^;)
記憶がゴッチャになってました。
確かに'72年のマイナーチェンジ時には1000ccも1200のツインキャブも有りました・・・!(^^)!
大急ぎで修正致します。

 ご指摘ありがとうございます。
  • 2011-05-23
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C294] 今から30年以上前に

鈴鹿で、大勢のB110を相手にたった1台戦っていたパブリカを思い出しました。結果は、サニーの123だった様に記憶します。しかし、当時中学生の私は親の影響もあり、トヨタ党で尚且孤軍奮闘するこのパブリカが非常にかっこよく見えたのを思い出しました。今回紹介して頂いたモデルの後期なのかSTとかSRとかのツインキャブ仕様もありましたよね?
  • 2011-05-23
  • 投稿者 : 猫二匹
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/93-90c1d51f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。