Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C430] マークⅡ

 シノビーさん

 スタンダードが落とされたのはマークⅡの下のコロナやカリーナ、セリカがそれぞれに販売台数を伸ばし、ライバルのスカイラインは4気筒モデルよりも2000GTシリーズがメインになった等の背景があり、上級志向になった結果だと思います。

 マイナーチェンジの詳しい内容をと言う事ですが、それをチェックし纏めるには膨大な労力と時間を要しますのでごご希望には添えかねます。
悪しからず・・・m(_ _)m

  • 2013-12-05
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C429] お礼他

ありがとうございました。諸元、見ました。しかも、前期型まであったスタンダードがありませんでした。車種整理されたのでしょうか?マイナーチェンジ内容を前期型から後期型を通して、詳しく教えてください。

[C428] Re: 変速機の設定

 シノビーさん

コメントありがとうございます。
初代マークⅡの変速機の件ですが、1600SLは4速フロアシフトのみの設定で、他のセダン、ハードトップ1600シリーズは3速コラムシフトと2速トヨグライド、4速フロアシフトです。
 1900シリーズハードトップSLは4速フロアシフトのみで他は4速フロアシフトと3速フロアトヨグライドが設定されていました。

 後期型と言いますか、1600が1700に換装された後はセダン1700スタンダード(単にマークⅡと表記されています)が3速コラムシフトのみ。
1700SLが4速フロアシフトのみで他は3速コラムシフトと2速トヨグライド、4速フロアシフトです。

 1900シリーズはハードトップGSSが5速フロア専用で、セダン、ハードトップGSL及びハードトップGLが4速フロアシフトと3速フロアトヨグライド。
HTスタンダード(同じくマークⅡのみの表記)はそれに3速コラムが加わり、セダンDx、GLは更にコラムの3速トヨグライドが追加されていました。

 文章で書くと非常に解り辛いので、写真の最後に掲載しております『主要諸元』はサムネイルですので、をダブルクリックして拡大して下さい。
右上の欄外にトランスミッションの違いを括弧の種類で表記してありますので、それでご確認願います。
 車輌形式では(-K)が4速フロア、〈-C〉が2速コラムトヨグライド〔-N〕が3速コラムトヨグライド、〔-H〕が3速フロアトヨグライド仕様です。

  • 2013-12-04
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C427] 変速機の設定

初代コロナマークⅡの変速機において、どのグレード機種に、3段コラムギア、2段コラムオートマチック、トヨグライド、4段フロアギアとかが設定されていますか?初期型のみならず、ここに記載されている中、後期型も含めます。

[C320] Re: タイトルなし

オジャさん

 コメントありがとうございます。
あの頃は
“技術の日産。販売のトヨタ”
と言う言葉がありましたね。
日産の技術はプリンスに依る処が大きく、トヨタは製造と販売を分離しそれぞれに専念した『工販分離』と日本ゼネラルモータースから引き抜かれた販売の神様神谷 正太郎氏の功績が大きかったと思います。

 この2社が技術と販売力、それぞれの得意分野で争っていたからこの時代は面白い車が次々と現れたのでは無いかと勝手に思っています。
 かなり気まぐれに更新していますが、これからも覗いてみて戴ければ幸いです。

 
  • 2011-07-21
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C319]

 保守的な田舎町でトヨタが強かったので売れてました。
猫も杓子もレザートップのHTばっかり。
スタイルは、スカイラインより好きだったけど乗れずに終わった。
かといってスカイラインも買えず大衆車が関の山だったな~。
  • 2011-07-21
  • 投稿者 : オジャ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トヨペット コロナMKⅡ (CORONA MKⅡ) 【RT61・62・71・72・75・77・78】



RT71表紙


 小型ファミリーカーの1クラス上の車としてデビューしたコロナMKⅡは快進撃を続けるスカイライン2000GTの反撃に出た。
‘69年9月にはヤマハの手が加えられたDOHCエンジンを搭載した最強バージョンGSSを追加し、‘70年2月のマイナーチェンジには1600ccモデルを1700ccにパワーアップした。
 外観上はフロントマスクとリアコンビネーションランプがそれまでよりスッキリしたものに変更された。  

RT61
  1700デラックス
\RT61 SL
  1700SL

RT62 GL
  1900GL
  
RT62 GSL  1900GSL

RT71  1700ハードトップ

RT71-1  1700ハードトップ

RT71 SL 2  1700ハードトップSL  

RT71 SL  1700ハードトップSL

RT62 GL  1900GL

RT62 GSL  1900GSL

RT72 GL  1900ハードトップGL

RT72 GSL  1900ハードトップGSL

RT72  GSLインパネ  1900ハードトップGSL  

RT72 GL 室内  1900ハードトップGL

RT77・78  ワゴン 1700・1900


1700ccエンジンは1600ccの7R型のボアはそのままに、ストロークを68.5mmから73.5mmに伸ばした6R型で排気量は1707cc。
出力はシングルキャブが85Ps/5500rpm・ 12.5Kgm/3800rpmから95Ps/5500rpm・ 14.0Kgm/3800rpmに、ツインキャブは100Ps/6200rpm・ 13.6Kgm/4200rpmから105Ps/6000rpm・14.5 Kgm/4000rpmにそれぞれアップされた。

なお、GSSに搭載されたツインカム1900ccエンジンは当初10Rと命名されていたが、1971年(昭和46年)2月に8R-G型と改められた。

10R型  R10型エンジン

RT75  1900ハードトップGSS



RT61 仕様

\RT71 2面図  

6件のコメント

[C430] マークⅡ

 シノビーさん

 スタンダードが落とされたのはマークⅡの下のコロナやカリーナ、セリカがそれぞれに販売台数を伸ばし、ライバルのスカイラインは4気筒モデルよりも2000GTシリーズがメインになった等の背景があり、上級志向になった結果だと思います。

 マイナーチェンジの詳しい内容をと言う事ですが、それをチェックし纏めるには膨大な労力と時間を要しますのでごご希望には添えかねます。
悪しからず・・・m(_ _)m

  • 2013-12-05
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C429] お礼他

ありがとうございました。諸元、見ました。しかも、前期型まであったスタンダードがありませんでした。車種整理されたのでしょうか?マイナーチェンジ内容を前期型から後期型を通して、詳しく教えてください。

[C428] Re: 変速機の設定

 シノビーさん

コメントありがとうございます。
初代マークⅡの変速機の件ですが、1600SLは4速フロアシフトのみの設定で、他のセダン、ハードトップ1600シリーズは3速コラムシフトと2速トヨグライド、4速フロアシフトです。
 1900シリーズハードトップSLは4速フロアシフトのみで他は4速フロアシフトと3速フロアトヨグライドが設定されていました。

 後期型と言いますか、1600が1700に換装された後はセダン1700スタンダード(単にマークⅡと表記されています)が3速コラムシフトのみ。
1700SLが4速フロアシフトのみで他は3速コラムシフトと2速トヨグライド、4速フロアシフトです。

 1900シリーズはハードトップGSSが5速フロア専用で、セダン、ハードトップGSL及びハードトップGLが4速フロアシフトと3速フロアトヨグライド。
HTスタンダード(同じくマークⅡのみの表記)はそれに3速コラムが加わり、セダンDx、GLは更にコラムの3速トヨグライドが追加されていました。

 文章で書くと非常に解り辛いので、写真の最後に掲載しております『主要諸元』はサムネイルですので、をダブルクリックして拡大して下さい。
右上の欄外にトランスミッションの違いを括弧の種類で表記してありますので、それでご確認願います。
 車輌形式では(-K)が4速フロア、〈-C〉が2速コラムトヨグライド〔-N〕が3速コラムトヨグライド、〔-H〕が3速フロアトヨグライド仕様です。

  • 2013-12-04
  • 投稿者 : 藤 重行
  • URL
  • 編集

[C427] 変速機の設定

初代コロナマークⅡの変速機において、どのグレード機種に、3段コラムギア、2段コラムオートマチック、トヨグライド、4段フロアギアとかが設定されていますか?初期型のみならず、ここに記載されている中、後期型も含めます。

[C320] Re: タイトルなし

オジャさん

 コメントありがとうございます。
あの頃は
“技術の日産。販売のトヨタ”
と言う言葉がありましたね。
日産の技術はプリンスに依る処が大きく、トヨタは製造と販売を分離しそれぞれに専念した『工販分離』と日本ゼネラルモータースから引き抜かれた販売の神様神谷 正太郎氏の功績が大きかったと思います。

 この2社が技術と販売力、それぞれの得意分野で争っていたからこの時代は面白い車が次々と現れたのでは無いかと勝手に思っています。
 かなり気まぐれに更新していますが、これからも覗いてみて戴ければ幸いです。

 
  • 2011-07-21
  • 投稿者 : 藤重行
  • URL
  • 編集

[C319]

 保守的な田舎町でトヨタが強かったので売れてました。
猫も杓子もレザートップのHTばっかり。
スタイルは、スカイラインより好きだったけど乗れずに終わった。
かといってスカイラインも買えず大衆車が関の山だったな~。
  • 2011-07-21
  • 投稿者 : オジャ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。