Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/98-91e1d551
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

初代 日産 バイオレット(DATSUN Violet) 【710・711】

Let’s Begin  さあ始めよう バイオレット

710 HTsss
  ハードトップ 1600SSS

1973年の1月、勇ましいCMと供に登場したバイオレットの車両型式は710。
実質的な510型ブルーバード後継車だった。
ブルーバード史上最大のヒットとなった510型の後を継いだのは610型ブルーバードUだったが、その後も510はグレードを整理して継続販売され、大任を任されたブルーバードUは先代の様なヒット作にはなれなかった。

 大きくなり過ぎたブルーバードUとサニーの隙間を埋めるべく発売された新型車は、全長は510そのままに全幅とホイールベースを拡大したがマントを羽織った様なスタイルにあれほど支持された510の面影はなく、メカもキャリーオーバーどころか素人目にもコストダウンが目立っていた。
510のウリだった四輪独立サスペンションは最上級グレードのSSSにこそ受け継がれたが、ほかのグレードは時代を逆行する様な板バネで内装もプラスチック感丸出しだった。
 ライバルのカリーナは四輪独立縣架では無いが後輪は4リンク・ラティラルロッドで乗り心地の良いコイルスプリングを採用し『足のいいやつ』を標榜し、新型コロナは可もなく不可もないスタイルだが室内は明るく広そうで、やや高級感を醸し出していた。

710 4Dr 1400GL
  4ドア 1400GL


710 2Dr 1400Dx
2ドア 1400デラックス

710 2Dr 1400Std
  2ドア 1400スタンダード

710 1600sss cok
  1600 SSS

710 HT1600GL
  ハードトップ 1600GL

710 HT 1400DX
  ハードトップ 1400デラックス

710 sss-E 透視図
  ハードトップ 1600SSS-E

710 eng
  

710 sus

710 spc.


710 広告



 モデル半ばの1976年2月、51年排気ガス規制適合に併せてセダンの大幅なマイナーチェンジを実施し、セダンは2ドアモデルは廃止になり4ドアのみの設定になった。
ルーフを伸ばしCビラーを立てリアドアのグラスエリアを大きくして居住性を向上させたがフロント部分はそのままだったのでアンバランス感は否めなかった。

 この年代は排気ガス規制が厳しくなり、各社ともその対応に追われマンパワーも幾ら有っても足りない時代。
独断と偏見ではあるがこの時期、日産は迷走していた様に思える。
510に代表される日本人好みのスッキリしたデザインとプリンスとの統合で大きく進歩した技術を全面に出す戦略を忘れて、見た目の豪華さとコストダウンに走っていたのでは?
トヨタを追いつつも何とか独自の方向性を模索していた様な。
230型セドリックは定規で線を引いた様なデザインから曲線美を上手い具合に融合させていたと思うが、ブルーバードUではゴージャスを強調しすぎ、バイオレットは更に混迷を深めたデザインではなかったのだろうか・・・・
等と勝手に思い込んでいます。

711 4dr SSS-E
  4ドア 1600SSS-E
リアドアグラスエリア及びCピラーが大幅に変更された

711 4Dr GL

711 4Dr Dx

711 sss-E int
 セダン 1600SSS-E
  
711 SSS-E-L
  ハードトップ1600SSS-E-L

711 HT GL

711 NAPS.

11 L16E

711 spc





0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ah5243.blog72.fc2.com/tb.php/98-91e1d551
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

藤 重行

Author:藤 重行
 1952年生まれのオヤジが好き勝手に書いてるブログです。
現代の若者達は車など興味が無い子が多いと聞く。
でも旧車会を覗いてみれば団塊ジュニアが、自分とそう変わらない歳の車に夢中になっている姿をよく見かけます。

 '70年代は日本が高度成長して日本が自信を取り戻したいた時代、そして国産車が輝いていた時代だと思います。
そんなキラ星の如く輝いた個性豊かで魅力的な車達を独断と偏見で紹介しています。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。